“イ・スンギは何の罪?”..問題作「花遊記」、俳優がかわいそう

2017.12.29


「俳優が何の罪だろう?」

再入隊公約まで掲げるほど、作品に自信を見せたイ・スンギだった。 それもそのはず除隊後の復帰作として選択するほど愛情が深かった。 だが聞こえてきたのは各種論争と雑音、事件事故だ。 イ・スンギへの残念な視線が集まる理由だ。
今年10月31日に除隊したイ・スンギは、歌手としてのカムバックより俳優の道を先に選択した。 あふれたラブコールの中で彼が選んだのは人気脚本家ホン姉妹のtvN「花遊記」。 先立って『僕の彼女は九尾狐<クミホ>』を通じて息を合わせたので、脚本陣に対するイ・スンギの信頼は高かった。
製作スタッフも「イ・スンギは孫悟空そのもの」と、俳優の情熱を高く評価した。 イ・スンギも初放送前の製作発表会で今まで自身がやってきた作品のうちで最も大変な作品が「花遊記」としながらも、軍隊で培った精神力でやり遂げると拳をぎゅっと握った。
23日、初放送視聴率が10%だったら再入隊をするという破格的な公約も掲げた。 彼の名前の横に「再入隊」関連の検索語ができるほど、この発言は話題を集めたしそれだけ「花遊記」に対する関心と期待感が高まった。
だが、ふたが開いた「花遊記」はファンの期待と全く違った。 第1話から視聴者の反応は交錯したし、「散漫だ」、「期待以下」という指摘もあふれた。 期待が大きければ失望も大きいことを「花遊記」が如実に立証した。
(2ページにつづく)

 

【全文】tvN側、イ・スンギ出演ドラマ「花遊記」3話は今週放送&4話は放送延期へ

俳優イ・スンギ出演ドラマ「花遊記」側、放送事故の再発防止に全力

イ・スンギ主演「花遊記」、初回最高視聴率6.3%で好スタート

俳優兼歌手イ・スンギ、「花遊記」の初放送を待つキュートな孫悟空