「イベントレポ」ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)、クリスマスライブ開催 20代最後のライブで「東京ドームの夢、いつか叶えたい!」

韓国出身のロックバンド、CNBLUE(シーエヌブルー)のボーカル&ギター、ジョン・ヨンファが12月20日、21日の2日間、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで『JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2017 "Summer Calling" @Xmas』を行い、自身の20代最後、そして今年最後のライブを締めくくった。

本公演は、8月9日に約2年ぶりにリリースされた日本2ndソロアルバム『Summer Calling』を記念し開催された2度目となるソロツアーの特別公演。8月22日の大阪・フェスティバルホールからスタートし、追加に追加を重ね、本公演含む全11公演で55,000人を動員した。

今回は“@Xmas”という特別バージョンだけに、アンコールではヨンファがトナカイに扮し、クリスマス曲など含む23曲、約4時間にわたる熱演を見せた。

ライブは鈴の音のイントロでクリスマスムードを高めるCNBLUEの「Ring」で幕を開けると4ビートのジャズアレンジが施されたクリスマスの定番曲「White Christmas」へ。「今日はクリスマスの雰囲気で行きたい。

夏から始まったツアーだけど、今は冬に。でも、「Summer Dream」の歌詞に“終わらない夏”ってあるから、大丈夫かな?(笑)外は冬だけど、ここは夏!」とオープニングから全開宣言し、このツアーのテーマ曲ともいえるアルバムリード曲「Summer Dream」では、ダンサーと共にキレのあるダンスを見せた。

CNBLUEではギターを中心に、ピアノなどの楽器を弾きながら歌うが、ソロコンサートでは、日本人のベテランセッションミュージシャンを中心とした生バンドと、4名のダンサーと共に楽器は持たずに歌うスタイル。バンドとは違う、“ボーカリスト”ヨンファが堪能できる。

ソロがCNBLUEと異なる点は、バラードが多いこと。センチメンタルな「Cruel Memories(思い出は残酷に)」 からスウィートなラブバラード「君を好きになってよかった」など、幅広いジャンルのバラードを聴かせたが、「バラードを書くのは、大変な時が多いんです。そんな時、みなさんの笑顔を思い出しながら書いています。バラードはみなさんから僕へのプレゼント。だからライブでは、僕がみなさんに歌をプレゼントするんです。僕の歌を聴いて、みなさんに頑張ってほしくて」と、大きな意味を持っているという。

そして、ソロコンサートならではといえるのが、ダンサーとの共演。CNBLUEの「SHAKE」では客席のファンもサビの振付を一緒に踊り、韓国最新ソロ曲「That Girl」ではダンサーとシンクロしたダンスを見せる。ヨンファのエンターテイナーぶりには、ファンも大熱狂。

トーク中には、12月16、17日に行われた所属事務所主催の音楽イベント『FNC KINGDOM』の5周年を記念して、FTISLANDのホンギとのスペシャルコラボで復活させたドラマ『美男<イケメン>ですね』の作中バンドA.N.JELLに言及。ファンからの「歌ってー!」の声でアカペラでドラマ主題歌「Promise」を披露すると、ファンもコーラスに加わる。劇中のこの曲でヨンファはラップも担当しているのだが、「今日はじめて言いますけど、このラップはCNBLUEがインディーズデビューする前に作ったから、僕が初めて歌詞を書いた曲なんです」と、ヒット曲を連発するヨンファの原点であることを告白した。

(2ページに続く)

CNBLUE、映像作品「5th ANNIVERSARY ARENA TOUR 2016 -Our Glory Days- @NIPPONGAISHI HALL」ダイジェスト公開!

ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)ソロツアー「JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2017 “Summer Calling”」ライブDVD/BD、ライブCDが2018年2月28日同時発売決定!

「イベントレポ」CNBLUEが原点の地、横浜アリーナでロック回帰宣言!2017年のツアー締めくくりを新旧の楽曲で彩る

「イベントレポ」ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)人間味あふれたソロツアー 「もっと大きくなる。これからもずっと一緒に!」約4時間、感動のファ

2017.12.23

blank