2PMニックン、“この仕事をするために生まれてきた。30代になって楽しみながら臨んでいる”

時間が経つにつれて完璧主義的な部分がなくなってきたとして、「いつも、たくさん期待するたびに失望も受け入れなければいけません。肩の力を抜いて努力し続ければ、いつかはできるだろう。気楽に楽しみながらすれば自然に良い機会がめぐってくるだろうと思っています」と語った。
最後に、「偶然に始めましたが、この仕事をするために生まれたと思います。働きながらたくさんのことを感じたことですが、ファンミーティングやコンサートの時に僕を見て笑ってくれる人を見るととても幸せです」と仕事に対する愛情を示した。

一方、ニックンは、29日に東京を皮切りにアジアファンミーティングツアー「NICHKHUN(of 2PM)1st Asia Fanmeeting Tour『Khunvitation』」を開催する。

12月3日には、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)アートホールで、韓国ファンと会う予定だ。韓国と日本の3都市で5回にわたって開催される公演はすべて全席完売を記録し、2018年にはタイと中国のファンミーティングも準備中だ。今回のファンミーティングは、デビュー10年目となったニックンが初めて行う単独ツアーという点で、さらに特別な意味を持っている。

 

「2PM」Jun.K、ソロアルバムのタイトル曲は「引っ越しの日」

2PMジュノ主演ドラマ 「ただ愛する仲」、感性的なロマンスの誕生

「2PM」Jun.Kソロアルバムに元「I.O.I」チョン・ソミがフィーチャリング参加

2PM ジュノ「2017 Asia Artist Awards」授賞式での記念ショット公開“メンバーの顔が見たい”

2017.11.21

blank