韓国週末映画 ソン・スンホン主演作が観客動員数トップ

韓国週末映画 ソン・スンホン主演作が観客動員数トップ

ソン・スンホン主演の韓国映画「人間中毒」(原題)が週末の映画観客動員数でトップに立った。
韓国映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、同映画は16〜18日の3日間に全国682の映画館で44万5490人を動員した。2位は610館で43万8487人を動員したハリウッド映画「GODZILLA」。
ただ、興行収入では「GODZILLA」が1位になった。チケットが高い3D映画も上映した「GODZILLA」が約37億3000万ウォン(3億7000万円、売り上げシェア23.8%)を記録し、36億9000万ウォン(23.6%)の「人間中毒」を抜いた。
ジョニー・デップ主演の「トランセンデンス」が31万7046人(16.3%)で3位、リュ・スンリョン主演のアクション映画「標的」(原題)が28万4807人(14.5%)で4位となった。
2週連続トップだったヒョンビン主演の「逆鱗」(原題)は21万1975万人(10.8%)で5位に下がった。累計観客動員数は364万8367人。

2014.05.19

blank