「取材レポート①」キム・スヒョンファンサービスではしゃぎすぎ?!ファイナル公演は涙の完全燃焼!

MEI_6101

人気ドラマ「星から来たあなた」で主演を務め、アジア中で大ブレイク中の俳優キム・スヒョンのアジア全7カ国9カ所アジアファンミーティングツアーのファイナル公演「2014 Kim Soo Hyun Asia Tour 1st Memories in Japan」が、5月18日(日)神奈川・パシフィコ横浜にて開催された。

ドラマ「ドリームハイ」「太陽を抱く月」、映画「10人の泥棒たち」「隠密に偉大に」など話題作に相次いで出演し、韓国のみならず、アジア各国で人気を博しているキム・スヒョン。3月のソウルを皮切りに上海、北京、広州、台湾、タイ、シンガポール、インドネシアで開催してきた今回のアジアツアーは、どの国でも熱烈な歓迎を受け、大盛況のうちに終えてきた。

この日も、ついにフィナーレを迎えるとあって、会場は日本だけでなく韓国、中国、台湾などアジア各地から詰め掛けたファンで埋め尽くされ、熱気を帯びていた。

そんな中、日本を中心に活動中の6人組男性アイドルグループI.D(アイディー)が、オープニングアクトとして登場。躍動的なパフォーマンスで2曲を披露し、客席の雰囲気を盛り上げた。

「星から来たあなた」のダイジェスト映像が流れた後、お待ちかねのキム・スヒョンが姿を見せると、会場は大歓声。「ドリームハイ」の挿入歌「DREAMING」でファンミーティングが幕を開けると、会場のボルテージは一気に上がった。

オープニング曲を歌い終えたキム・スヒョンは「(日本語で)皆さん、おはようございます(笑)」と最初から茶目っ気ぶりを発揮。「こんにちは、キム・スヒョンです。3月から初めてアジアファンミーティングツアーをスタートさせたんですが、本当に大きなステージですね。今日は最後となる日本でのステージなので、最後だという思いを込めて、燃え尽きたいと思います! 今日は皆さんが楽しい思い出を作って、笑顔で帰ってくれたらうれしいです」とあいさつすると、客席からは大きな拍手が沸き起こった。

今回は、“ファンと気楽におしゃべりをしたい”というキム・スヒョンの意向で、ステージには「Cafe All K」というカフェのセットが組まれ、みんしるの司会でトークコーナーがスタート。いたずらっぽい表情で「カフェの雰囲気がとても単純ですね」と話し、笑いを誘ったキム・スヒョンは久しぶりの来日に「本当にうれしいです。特別なチャンスをいただいて、こうして来ることができたので、いつも以上に大きな気持ちになっています」と笑顔を見せた。

そして、今回のアジア7カ国9カ所、各地域の印象については「肌の色もさまざま。アジアの人たちは目の大きさも違いますね(笑)」と独特な表現をし、「(日本語で)それがアジアじゃ!」と雄叫びを上げたキム・スヒョン。日本のファンの印象を「多くの方が、優しいという印象を受けます」と語った後、「今このように(ファンミーティングが)スタートしたわけですが、(日本語で)今この雰囲気は、てやんでぇ!」と叫び、キム・スヒョン・ワールド全開! 想像もつかない言動や目が離せないこの不思議な魅力に、ファンも一気に引き込まれていく。

「星から来たあなた」の大ヒットを受け、今回のアジアツアーも行く先々で、その人気を肌で感じたというキム・スヒョン。ドラマ終了後は、アジアツアーがスタートしたので休む時間はなかったものの、ちょっとした空き時間にボーリングやバドミントンをして、時間を有効に使っていることも明かした。また、「今日はキム・スヒョンのファンミーティングです。アジアの多くの方が僕のことを『星から来たあなた』のト・ミンジュンの性格だと認識しているようですが、その考えを打ち破りたいと思います!」と力強く宣言した。

これまでの出演作である「ドリームハイ」「太陽を抱く月」「10人の泥棒たち」「隠密に偉大に」「星から来たあなた」の名場面のハイライト映像が流れた後、各作品について再びトーク。「ドリームハイ」は「初主演作で、ダンス、演技、歌、方言などいろんな分野に挑戦できた作品なので、出演できて幸せでした」とし、演じたサムドン役とは「純粋さ以外は似ていたと思います(笑)」と振り返った。

20140518-33250050_1021220

「太陽を抱く月」は号泣シーンも印象的だったが「撮影していたのが冬だったので、涙もなかなか出ないし、出たとしても凍ってしまうし。寒さで集中できず、セリフも噛んでしまうので、本当に苦労しました」と撮影秘話を明かした。

豪華キャストで話題を集め、1300万人以上の観客を動員した「10人の泥棒たち」は「現場では末っ子だったので最初は緊張していましたが、先輩たちが面倒を見てくださったので、ラクな気持ちで撮影ができました。撮影後も先輩がご飯を食べに連れていってくださったので、お腹いっぱいのまま撮影できたという感じでした(笑)」とそうそうたる先輩俳優と共演した感想について語った。

「隠密に偉大に」では町内一のバカに偽装するエリートスパイを演じたが、「気楽に見ていただけるよう、笑えるような体の動き、仕草をたくさん練習しました。そして、体を作るためにダイエット、運動もしました」と役作りについて明かし、「ただ、先ほどのハイライト映像では脱いだ姿しか出てこなかったので、心が痛かったです(笑)」とポソリ。

「星から来たあなた」では時間を止めるシーンについて、「実際に止まっていました(笑)。僕が止めたのではなく、相手役の方たちがその場で止まっていたんです。冬の撮影だったため、息をすると白い息が出てしまうので、(共演者は)息もしないでずっと止まっていました。僕は動きましたけど」と得意気に笑ってみせた。

また、さまざまな作品でキスシーンを披露してきたキム・スヒョンは、司会のみんしるから「キスシーンが上手い」と褒められると、照れながらも「誤解しないでほしいんですが、キスというのは…、キスは作品ではしたことがありません(笑)。数多くの想像の中での練習? イメージトレーニングと言いますよね。こんな風にしたら、いい映像になるなと想像しただけです。それをカメラ監督が芸術的にステキに撮ってくれたということです。(日本語で)そんな感じ?」と説明した後、「(日本語で)うそつけー!」と叫び、客席もざわつくと「今日は少し散漫になっていますが、ご了承ください」と照れ隠しなのか、その場を笑ってやりすごした。

続いて、キム・スヒョンが出演した5作品のポスターをファンと一緒に再現するプレミアムフォトセッションのコーナーへ。抽選で選ばれた5人がステージに上がり、キム・スヒョンと手をつないだり、肩を組んだり、見詰め合ったりしながら写真を撮影したファンは、緊張しながらも感激した様子だった。

 

取材レポート②へ続く

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

写真:(c) Digital Adventure

 

DATVが初のアジアファンミーティングツアーのファイナルとなる日本公演を開催!
DATVのカメラがとらえた彼の魅力と素顔をお届けする!

【キム・スヒョン Asia Tour 1st Memories2014】

放送日:前編:7月13日(日)21:00~ 後編:7月27日(日)21:00~
≪作品データ≫ 2014年/ドキュメンタリー/全2回/60分

 

韓国ドラマ 「星から来たあなた」

異星人とトップスターの恋を描いたロマンティックラブコメディを日本初放送!
放送日:5月25日スタート(日)22:00~
再放送日:(月)15:00~(金)23:30~
放送回数:全21話 日本語字幕版提供元:©SBS
DATV: http://datv.jp/

■キム・スヒョン ジャパン オフィシャル ファンクラブ
“always KIM SOO HYUN” http://kimsoohyun.jp/

2014.05.19

blank