「イベントレポ(26日)」16年目を迎えた「a-nation 2017」EXO、Red Velvet、NCT127登場!シークレットアクトはEXO-CBX!AAAが初のヘッドライナーを飾る! 豪華17アーティストが登場し55,000人のオーディエンスを魅了!

2017.08.27

今年で16周年を迎えた夏の風物詩「a-nation」。今年も東京・味の素スタジアムで「a-nation 2017」が8月26日(土)に開幕した。初日はピコ太郎をはじめ、Da-iCE、lol、三浦大知、EXOほか、ヘッドライナーにAAAを迎え開催された。

まずはオープニングアクトとして、α-X's(アクロス)、フェアリーズによるパフォーマンスが展開。蒸し暑さを吹き飛ばす新鮮なステージを楽しませてくれた。

14時半から本編スタート。今年のトップを飾ったのは、EXILE THE SECOND。「Yo! Yo! Yo! Yo! a-nation!調子はどうですか!?」とメンバー6人が登場すると火薬花火が上がり「HERE WE GO」でライブが始まった。DJブースがステージ床下から登場する演出などもあり「PUT YOUR HAND!」の掛け声とともにあっという間にスタジアムのオーディエンスは一体となった。

続いては、ピコ太郎がいつものファッションで現れ『PPAP』を披露。「すごい人数ですねぇ、ちょっと数えてみます」と会場を笑わせると、新しく買ったサングラスと大好きなオレンジジュースを曲にした超ショートな2曲を披露。最後は会場を左右でアップルチームとパイナップルチームに分けサビを歌わせての『PPAP a-nation remix』 で盛り上げた。

昨年に続いて登場したのは、lol(エルオーエル)。スタートからアップテンポな楽曲を集めたメドレーで、会場の空気を一気にバカンスモードに切り替える。夏の午後が似合うサマーチューンに続いて、彼らのデビュー曲「fire!」で締めくくった。

(2ページにつづく)