「会見レポ」ユナク(超新星)&凰稀かなめ “レディーファーストなユナクは劉邦そのもの!”ミュージカル「花・虞美人」開幕直前囲み会見開催!

中国で有名な「項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)」の物語に基づき、偉大なる女・虞姫(ぐき)にスポットを当てて描いた岡本貴也書き下ろしの完全オリジナルミュージカル「花・虞美人」。

紀元前3世紀、中国の楚漢戦争を舞台に繰り広げられる項羽と劉邦の男の戦いと、虞姫の別れ、怨み、愛を惜しみなく描いた本作品の東京公演がいよいよ3月26日(日)から東京・赤坂ACTシアターで幕を開けた。


主役の虞姫役を演じるのは2012年に宝塚歌劇団宙組のトップに就任し、2015年2月に宝塚歌劇団を退団後初主演となる凰稀かなめ。そして脇を固める劉邦役に超新星のユナク、項羽役に全員が音大卒の180cm以上の男性5人組ヴォーカルグループ「LE VELVETS」 の黒川拓哉と2000年に「新人発掘オーディション~21世紀の石原裕次郎を探せ!~」で応募総数5万2005 名の中から最終選考の10人に残った池田努がダブルキャスティングされた。


開幕前日となる3月25日(土)、プレス向けのプレビュー公演が行われ、開演前に主演の凰稀かなめ、超新星ユナクが囲み会見に登場。初日を迎える意気込みや見どころなどを語った。(2ページにつづく)

2017.03.26

blank