「トンネル」チェ・ジンヒョク、「視聴率が良くてうれしい、2話はもっと面白い」

「トンネル」チェ・ジンヒョク、「視聴率が良くてうれしい、2話はもっと面白い」

OCNドラマらしかった。25日に第1話が放送された「トンネル」は、有料プラットフォーム世帯視聴率で平均2.8%、最高3.7%を記録し、好成績でスタートを切った。(ニールセンコリア/全国基準)

これを導いたのは、パク・グァンホ役のチェ・ジンヒョクだ。1980年代の熱血刑事に扮した彼は女性連続殺人事件を経験し、怒りいらだつ演技はもちろん、体を張ったアクションで視聴者をくぎ付けにした。

チェ・ジンヒョクは26日、OSENに対し、「そんなに期待をしていなかったが、視聴率が思ったより良くて、反応も良さそうなので、内部の雰囲気が活気づいている」とし、「2話では2016年に移り、ユ・ヒョンミン、イ・ユヨンと会うことになり、展開が本格的に始まる。とても面白いと予想されるので、ぜひ期待してほしい」と伝えた。

「トンネル」は1986年、トンネルで女性連続殺人事件の犯人を追っていた刑事パク・グァンホ(チェ・ジンヒョク)が、2016年にタイムスリップし、過去と現在のつながりを見つけ、30年前の事件を解決していく物語だ。

チェ・ジンヒョク、ユン・ヒョンミン、イ・ユヨン主演の「トンネル」は毎週土・日曜午後10時から放送中。

WOW!korea提供

2017.03.26

blank