<コラム>「神話」(SHINHWA)エリックは「韓国のキムタク」になれるのか?

<コラム>「神話」(SHINHWA)エリックは「韓国のキムタク」になれるのか?

韓国の最長寿アイドルグループ「神話」(SHINHWA)。「韓国のSMAP」と言われる存在である。そのメンバーで俳優の「エリック」(本名:ムン・ジョンヒョク)と12歳年下の若手女優ナ・ヘミとの熱愛が報じられている。

これを受け所属事務所の「TOPCLASSエンターテインメント」は、「過去に交際していたことは確認できているが、今現在の状況については本人からの報告もないので何ともいえない。本人と確認が取れ次第に公式発表する。」とコメントした。

「神話」(SHINHWA)といえば、先日はデビュー16周年のコンサートを成功裏に終えたばかり。それぞれのメンバーは個人活動も積極的に行っており、中でもエリックは役者として最も成功している。

韓国ドラマ「火の鳥」、「新入社員」、「ラブ・ミッション〜スーパースターと結婚せよ!〜」、映画「6月の日記」などで好演し全盛期にはソロでも多数のテレビCMに出演するほどの人気ぶりだった。一時はチーム内の収入ランキング「1位」をキープしていた。

中学生時代にアメリカに移民していたこともあり英語も堪能で、異国的な甘いマスクは多くの女性ファンから支持されてきた。「神話」(SHINHWA)が「韓国のSMAP」なら、「エリック」は「韓国のキムタク」のはずだ。しかし、「SMAP」の「キムタク」は結婚後にも徹底的な自己管理に成功してきた「実績」がある。エリックが自己管理能力をみせ、真の「韓国のキムタク」になれるかはまだ分からない。

一方、過去に出演したバラエティー番組では、「身長170センチ以上で、オシャレで都会的な女性がタイプ」としながら、バンド「紫雨林」のメンバーキム・ユナや女優のキム・ナムジュ(俳優キム・スンウの妻)を「理想のタイプ」として挙げている。

実際には、2歳年上の人気女優「信義-シンイ-」のキム・ヒソンや、「優しい男」に出演のプロポフォール騒動の女優パク・シヨンとの交際スキャンダルもあった。

12年前の2002年当時、韓国を代表する人気女優だったキム・ヒソンとのスキャンダル時には、「ファンにガールフレンドの存在を報告するだけでも十分だ。それ以上のことを知ろうとするのはプライバシーの侵害」と、メディアの執拗な質問攻めに不快感を示したこともあった。

そして今回の熱愛報道だが、関係者によれば2人は別れと復縁を繰り返しながら、絆を深めてきたと伝えられている。熱狂ファンの間では既に交際事実が広まっていた。交際相手の女優ナ・ヘミが通う大学の講義室でクラスメートを装って秘密デートを楽しんだり、ネット喫茶でオンラインゲームを楽しんだりする様子などが目撃されている。

なお、女優のナ・ヘミは、2001年に映画「受取人不明」でデビューし、 MBCシットコム「思いっきりハイキック」(2007年)で女子高生役を好演したが、それ以降はヒット作に恵まれていない状況。

昨年はウォンビン、イ・ビョンホンなど、俳優たちの熱愛・結婚報道が多かったが、今年は「少女時代」のユナ、スヨン、ジェシカ、ティファニー、ヒョヨン、「2PM」のニックンなど、アイドル関連のスキャンダルが目立っている。

果たしてK-POPアイドル界の大御所となりつつある「神話」(SHINHWA)のエリックは、どんなコメントを発表するのだろうか。「恋愛」においても若手アイドルたちのお手本となることを期待しながら、真の「韓国のキムタク」の誕生を待つ。

2014.04.12

blank