チョン・リョウォン来日!ドラマ『サラリーマン楚漢志』で“韓国版パリス・ヒルトン”を熱演!

 

 

NOTTV日本独占初放送! 大ヒット韓国ドラマ『ジャイアント』のスタッフ・キャストが再結集した最新作ドラマ『サラリーマン楚漢志(チョハンジ)』がスマートフォン向け放送局NOTTV(ノッティーヴィー)にて2013年3月6日より日本独占初放送がスタート。

 

中国歴史小説「楚漢志(チョハンジ)」をモチーフに製薬会社で働く、イ・ボムス扮する明るくポジティブな性格ユ・バン(劉邦)とチョン・ギョウンが演じる冷徹なハンウ(項羽)の攻防を軸に現代のビジネス事情、企業間の競争、自身の目標達成の為に戦うサラリーマンたちの哀歓と成功をコミカルに描く、サクセスストーリー。

 

2012年1月に放送された同作は当初20話の予定が大好評により2話が追加、最終回には24.2%の高視聴率をマークした話題作。

 

2012 年SBS 演技大賞<ミニシリーズ部門>最優秀演技賞、10 大スター賞を本作で受賞した主演女優のチョン・リョウォンが来日、初回放送日の3月6日(水)東京・セルリアンタワー東急ホテルにて来日記者発表会を行った。

 

報道陣からの大きな拍手に迎えられて登場したチョン・リョウォンは「プロモーションで来日したいと思っていましたので、今回の来日を本当に嬉しく思っています。

そしてこのように温かく迎えて頂きありがとうございます。」と挨拶。

白地にアニマル柄のワンピースがチョン・リョウォンの長身のスタイルに映え、そのキュートな笑顔は輝きを放ち、会見場は爽やかな春の温かさに包まれた。

「日本は近い国ですし、いつも家族のように感じています。来るたびに皆さんが親切で優しく、そして礼儀正しく接してくれますので嬉しく思っています。プロモーションでは初めてなので、緊張していますが楽しみにしています。」と日本の印象を語った。

 

ドラマの大ヒットの理由を尋ねられると「ユ・インシク監督と脚本家のチャン・ヨンチョル先生、チョン・ギョンスン先生のコンビは“ファンタスティック”なコンビだと云えますし、逆境の中あるサラリーマンが成功していくストーリーに共感して下さったのだと思います。」と答えた。

 

傍若無人でわがままな製薬会社の孫娘ペク・ヨチ役を熱演したチョン・リョウォンは「ユ・インシク監督にペク・ヨチのロールモデルは誰ですか?と聞いたところ『韓国版パリス・ヒルトンだと思えばいいよ。そんな彼女がユ・バン(イ・ボムス)に出会い、変わっていく姿を見せたいんだ。』とおっしゃっていました(笑)。」と述べ、「私は社会人の経験がなかったので、演じるプレシャーも有りました。でも彼女の世間知らずで傍若無人なところがむしろ面白く、魅力的に感じました。心の奥にはか弱い、優しい一面を持つペク・ヨチがどんどん変化していく過程に共感できて演じていて楽しかったです。」と振り返った。

また「最初は自分の性格と似ているところがあると思いましたが実際に演技をしてみるとハイヒールを履いたり、派手な服やアクセサリーをたくさんつけるといった、普段の私とは違う外面的な演技が大変でした。この作品で生まれて初めて髪を赤く染めました(笑)。

 

東方礼儀の国と云われる韓国で“ヨチ”という人物を演ずるのはたいへん難しかったです。」と役づくりの苦労も明かし「でもその反面、私自身も堂々と振る舞う楽しさも知りました。内面的にも成長することができたと思います。実は以前、受賞式に出席すると緊張していましたが、“ヨチ”を演じたことで、授賞式(2012 年SBS 演技大賞)に出席した時に授賞式を楽しみ、挨拶もしっかりできるように変りました。私の内面もヨチのように度胸がついたようで、そんな自分の姿に気づきました(笑)。」とエピソードを披露、この作品が彼女のターニングポイントになったことを伺わせた。

 

会見中盤には『R-1ぐらんぷり2013』で準優勝した“ものまねアンドロイド”のアンドーひであきが初放送と来日のお祝いに駆けつけ、ロボットの動きを真似たマイケル・ジャクソンやチャップリン、ブルース・リーなどのモノマネを披露。

 

目の前のパフォーマンスにチョン・リョウォンは「実は先ほど、ご挨拶をさせて頂きました。ハンサムな方だと思っていましたが、体が柔らかくてビックリしました。本当に才能に溢れた方ですね。次は韓国でお会いできたら嬉しいです。」と大喜び。その言葉に「アンドロイド中は感情を表に出さないようにしているのですが・・・嬉しいです。」と本音をポロリ。

 

またサラリーマン経験を持つ彼は「ポジティブに、前向きに挑戦し生きる主人公の姿にサラリーマンの方々も元気をもらえる作品だと思います!」とドラマをアピール!

さらに「見た目は冷徹なハンウのように思われますが中身は明るいユ・バンのような人間です!」と自身をアピールすると「2人の魅力をすべて持ち合わせた男性だと思います。」とのチョン・リョウォンの賛辞に「この上ない褒め言葉を頂きました。光栄です!」と喜びを表した。

 

最後にチョン・リョウォンが「ユ・インシク監督も『このドラマはサラリーマンの哀歓、逆境を描いているけれど、ジャンルでいうとコメディー、スパイ、アクション、スリラー、ロマンチックドラマだ』とおっしゃっていました。それぐらい見どころ満載のドラマで登場人物も個性的な方たちばかりなので、日本の皆さんにも共感して頂けると思います。どうぞご期待下さい!」と魅力的な笑顔と共にPRし、記者発表会が終了。

 

チョン・リョウォンはこのあと、日本でのテレビ出演など、ドラマのプロモーション活動を積極的に行う予定だ。

 

韓国ドラマ『サラリーマン楚漢志(チョハンジ)』はNOTTVにて2013年3月6日(水)より、毎週水・木23時15分より放送!

* 4月からの放送時間はHPにて http://tv.nottv.jp/dorama/chohanji/

*2013年秋、DVDリリース決定!

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

2013.03.08

blank