第36回日本アカデミー賞授賞式開催!新人賞に輝いた『東方神起』のチャンミンが登壇!

 

『2013(第36回)日本アカデミー賞』授賞式が8日、東京・港区「グランドプリンスホテル新高輪」で行われ、新人賞に輝いた『東方神起』のチャンミン(25)が登壇すると会場からひときわ大きな歓声が上がった。

 

プレゼンターを務めた、役所広司(57)から新人賞の受賞者へ「受賞おめでとうございます。新人賞は一生に一度と言われますけど、実力、作品に出 会った運と根性で獲得された。みなさんはすでに数多くの作品に出演されていますが、これから1つ1つ選んで行かなければならないと思います。俳優として女 優としての個性になっていくと思います。とにかく、作品と監督がみなさんを俳優として育ててくれるような作品と出会えることを祈っております。頑張ってく ださい」と、声がけがなされた。

 

チャンミンは井筒和幸監督の『黄金を抱いて翔べ』での演技が高く評価されての受賞となったが「すごく光栄です。素晴らしい賞をもらってすごく感謝しています」と最高の笑顔を見せた。

 

また、苦労した点については、「1から10まで全てが難しかった」と振り返り、「井筒監督の関西弁がすごく意味が分からなかった。コミュニケーションがとれなくて、すっごく怖かった」と、エピソードを明かした。

 

司会の関根勤から「出演者の男性から、チャンミンさんがカッコイイって噂でしたよ」と伝えられると、「僕のことあまり知らないからそういうこと言っていると思います」と謙虚なコメントで会場の笑いを誘った。

■新人俳優賞受賞者は以下の通り。

武井咲『るろうに剣心』『愛と誠』『今日、恋をはじめます』 二階堂ふみ『ヒミズ』『悪の教典』 橋本愛『桐島、部活やめるってよ』『HOME!愛しの座敷わらし』『Anotherアナザー』 染谷将太『ヒミズ』『悪の教典』 チャンミン(東方神起)『黄金を抱いて翔べ』 東出昌大『桐島、部活やめるってよ』 松坂桃李『ツナグ』『麒麟の翼』『今日、恋をはじめます』

 

 

最優秀作品賞を受賞したのは、インターネットを中心に熱狂的なファンを生み、異例のロングランヒットとなった「桐島、部活やめるってよ」。

 

また、それに加え監督賞、編集賞、そして一般投票で選ばれる話題賞も受賞。

 

吉田大八監督は「今の若い俳優たちとの仕事は想像以上に刺激的だった。彼らと仕事をしてみて、日本映画の未来は明るいと思った」と喜びを語った。

 

主演男優賞を受賞した阿部寛(テルマエ・ロマエ)は予想外の受賞に驚いた様子も、「またこの壇上に戻ってこれるとしたら次は日本人役で」とスピーチし会場を沸かせた。

 

主演女優賞を受賞した樹木希林(わが母の記)も「私は実の部分だけいただいて名誉はエリカ様に」と持ち前のユーモアで笑いを誘った。

そのほか、「あなたへ」が助演男優賞と助演女優賞を、「北のカナリアたち」が音楽賞、撮影賞、照明賞、「鍵泥棒のメソッド」が脚本賞を受賞するなど複数の作品に賞がバラける結果となり、会場は大いに盛り上がった。

写真提供:日本アカデミー賞

2013.03.09

blank