SHINeeから防弾まで、目が楽しいドラマ「花朗」の魅力

201612131527775146_584f964a1bbbaSHINeeミンホ(チェ・ミンホ)、ト・ジハン、チョ・ユヌ、防弾少年団V(キム・テヒョン)、こんなにきらめく若者が「花朗」に集まった。
KBS 2TVの新月火ドラマ「花郎(ファラン)」が、12月19日に初放送される。100%事前製作、新羅時代の花朗を本格的に描いた最初のドラマなど、様々な試みとチャレンジが調和したドラマ「花朗」は、2016年の下半期を飾る最高の話題作に数えられている。


花朗は、1500年前に新羅の首都である徐羅伐(ソラボル:現在の慶州)で活動したきらめくような若者の話だ。ここにパク・ソジュン(ムミョン/ソヌ役)、Ara(アロ役)、ZE:Aヒョンシク(サムメクチョン役)など、輝くほどにまぶしい俳優が合流した。そしてまた別の青年4人がいる。まさにSHINeeミンホ(スホ役)、ト・ジハン(バンリュ役)、チョ・ユヌ(ヨウル役)、キム・テヒョン(ハンソン役)だ。ドラマ「花朗」のユン・ソンシク監督から4人の魅力を聞いて見よう。これを聞けば12月19日の「花朗」の初放送がいっそう待たれるだろう。
(2ページにつづく) 

2016.12.13

blank