俳優コン・ユ、ロマンチックコメディの達人の燦爛たる魅力が期待される

201612111045773109_584cafd5106a1

ドラマでキム・シン(コン・ユ)は、1000年近く生きてきて昔のことを全て覚えている。自身の剣を抜いて死に至らせてくれる「鬼の花嫁」を待っている人物だ。忠誠をつくした主君に殺されて鬼として生きるようになった彼だったが、過去の話である時代劇から「鬼の花嫁」であるチ・ウンタク(キム・ゴウン)に出会った現在まで幅広い演技を公開している。真剣で切なく、愉快で魅力にあふれていた。聞き易い声にコン・ユの特技の「メロの眼差し」である痛みを含んだうつろな眼差しが再び美しく花開いた。


「コーヒープリンス 1号店」以来、コン・ユは多くの作品に出演しながら多数のキャラクターを演じ、それとともに俳優としていっそう深まった眼差しを持つようになった。この神秘的な「鬼」のファンタジーロマンスがコン・ユに特によく似合っている理由もそのためだ。深まった演技とともにそれによってどんな俳優とでもいい雰囲気を作り上げることができる、「ロマンスコメディの達人」コン・ユを渉外するための十分な条件だった。

ドラマ「わびしく燦爛な神(しん)-鬼」は、すでに本格的なファンタジーメロを始める準備を終了した。この神秘的なメロとともに咲き始めるロマンチックコメディ、メロの達人コン・ユの燦爛たる魅力がいっそう期待されている。

2016.12.11

blank