「CRAYON POP」 韓国で新曲「オイ」発表

「CRAYON POP」 韓国で新曲「オイ」発表

韓国の5人組ガールズグループ「CRAYONPOP(クレヨンポップ)」が28日、ソウルで新曲「オイ」(原題)の発売記念イベントを開いた。メンバーらは新曲について「老若男女が楽しめる歌いやすい歌とダンスを準備した。皆さんに私たちの歌を聞いて元気を出してもらえれば」と語った。
「オイ」は、昨年のヒット曲「BARBARBAR」のリリース以来10か月ぶりの新曲となる。非常に独特なコンセプトのグループとあって、発表前から衣装やダンスの振り付け、歌詞に関心が集まっていた。
イベントに出席したメンバーらは白い麻のシャツにズボン、白いゴム素材の靴、赤い頭巾と靴下という衣装で登場し、右手で敬礼するようなジェスチャーをしながら「オイ」と掛け声を上げ、注目を浴びた。
メンバーのグンミは衣装について「いろいろ悩んだ。最初は韓服(韓国の伝統衣装)を着ようとも思ったが、より実用的で年配の人が着る麻の服を着ることにした」と説明した。
曲名の「オイ」は誰かを呼ぶときの言葉でなく、元気付ける気合の掛け声。エレクトロニックミュージックと韓国の演歌「トロット」を組み合わせた軽快なリズムとメロディーが特徴で、応援と決意のメッセージが込められているという。メンバーらは「これまでになかった新しいジャンルの曲に挑戦する気持ちだ。誰かを笑わせたいというよりは新しく新鮮なことを試みるという思いだ」と強調した。
ダンスの振り付けも、ブレイクダンスの動作や、両手で片方の足を持ち、もう片方の足で立ってぶつかり合う韓国の遊戯「タクサウム」を連想させるパフォーマンスなどがいろいろと混ざり合っている。全体的にCRAYONPOPのキュートなイメージに焦点を当てたダンスだ。メンバーらはダンスも「ブームになってほしい」と期待を寄せた。
新曲の音源とミュージックビデオは4月1日に公開される。

2014.03.29

blank