イ・ジャンウ来日!最新主演作『オ・ジャリョンが行く』KNTV日本初放送記念記者会見開催!

 

『笑って、トンヘ』『栄光のジェイン』に出演、『アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり』ではラブコメの女王キム・ソナと共演し、その甘いマスクと確かな演技で人気急上昇中のイケメン俳優イ・ジャンウが来日。

 

イ・

イ・ジャンウ主演の最新作『オ・ジャリョンが行く』が韓国エンターテイメント総合チャンネルKNTVにて3月12日(火)より日本初放送が決定。 これを記念し、日本初ファンミーティング『イ・ジャンウが贈るFirst Sweet Day』が開催された。

 

イベント前に行われた記者会見には春の青空を連想させる鮮やかなブルーのベルベットのジャケットとベスト、濃紺のパンツという装いで爽やかに登場!

 

イ・ジャンウは少し緊張した様子ながらも「皆さんこんにちは。イ・ジャンウです。この度、ドラマ『オ・ジャリョンが行く』が日本で放送されるとお聞きして、本当に嬉しく思っています。日本のドラマも韓国でたくさん放送されています。日本でも韓国ドラマがたくさん放送され、たくさんの方から愛されて欲しいと思います。また皆さん『オ・ジャリョンが行く』にたくさんの関心を寄せて下さい。そして記事もたくさん載せて頂ければ嬉しいです(笑)。ありがとうございます。」と挨拶、その魅力的な笑顔を見せた。

 

Q『オ・ジャリョンが行く』に出演を決めた理由は?

「『オ・ジャリョンが行く』はドラマのタイトロールに“オ・ジャリョン”という役名が入っています。俳優がこういった役名が入った作品をいつまた演じることができるかと思いまして出演しましたし、タイトルそのものも気に入りました。 このドラマが持つ幸せのメッセージも気に入り、出演を決めました。」 同作ではその演技が高く評価され2012年MBC演技大賞新人賞を受賞。

 

Q演じられたオ・ジャリョンはどんな役どころですか?

「オ・ジャリョンは取り柄がなく、出世が出来ないと思われていますがけっしてそうではなく秘めている実力がたくさんあると思います。今、韓国でも日本でも20代の男性の就職は大きな問題です。そういった現実があるからこそ困難を乗り越えて行こうとするとても前向きな人物で、オ・ジャリョンらしく情熱を持った役どころですね。」

 

Qイ・ジャンウさんとオ・ジャリョンの共通点は?

「僕と似ているところはとてもたくさんあります。“オ・ジャリョン”はとても前向きなキャラクターで僕自身も楽天的な性格でいつも明るく、そして明朗活発、20代らしい性格をもっているので、そういうところが共通点だと思います。」

 

Qオ・ヨンソさん、チン・テヒョンさん、ソ・ヒョンジンさんといったベテランキャストと共演されていますがエピソードはありますか?

「共演者の方々がとても演技の上手いベテランの方が多いのでとてもリラックスして穏やかな気持ちで撮影しています。目を見ただけで気持ちが通じ合うくらい皆さん息がピッタリ合っています。今韓国は非常に寒いので、皆が近くに集まってその温もりを感じないと死んでしまうくらい寒いんです(笑)。ですから撮影中、カットの声が掛るととみんなで体を寄せ合って暖をとって、撮影が始まると離れるという状態でした。時には抱き合ってそんな風に元気を貰っています。」とニッコリ、共演者との仲の良さを感じさせた。

 

Q『オ・ジャリョンが行く』の見所は?

「見所満載です!なんといってもオ・ジャリョンとナ・ゴンジュとのラブライン、愛の物語もありますし、年輪を重ねた人たちのお話もあります。ジンジュとヨンソクとの物語もありますし、他には韓国の家族像を見ることができます。一人の男性が婿として一つの家族に入って家族の一員になって行くというヒューマンドラマの過程を見ることができます。家族の視点でみるとより楽しめると思います。」

 

Qイ・ジャンウさんの今後の活動予定は?

「物事は初めが肝心だと思います。僕は日本でファンミーティングを行うことができましたし、このように記者会見もできました。こんな風に一度一歩踏み出せばまた容易に(日本に)来ることができると思います。今年は様々な活動で皆さんにご挨拶したいと思います。そして韓国では無事にドラマの撮影を終えて、忙しく活動できればと思っています。」 バラエティ番組「私たち結婚しました」に出演し新たな魅力で人々を魅了! 「ミュージックバンク」ではMCに挑戦と俳優以外でも活躍中のイ・ジャンウ。

 

Q俳優、MC、バラエティに出演されているイ・ジャンウさんですが俳優の時とバラエティの時との違いはありますか?

「基本的に俳優の時とバラエティの時とあまり大きな差はないと思います。今回の『オ・ジャリョンが行く』の時は“オ・ジャリョン”という人物になって演技をしている。 バラエティの時は素の自分を見せる時がたくさんありますよね。特にバラエティ番組『私たち結婚しました』では僕は僕のまま、ありのままの姿を放送で見せているといえます。一方、俳優となりますとドラマの役柄になりきって、その役に忠実に与えられた状況に合わせて演技をするという差はあるかもしれません。以前は(俳優として)演技だけをしようと思っていましたが『私たち結婚しました』に出演してみたところ、そういう番組に出ることによって、演技に役立ちますし、また演技をしているとバラエティ番組にも役立ちますので、今後は分け隔てなく色々なことをやってみたいと思ってMCにも挑戦しています。」

 

Q『私たち結婚しました』に出演して特に楽し

2013.02.24