イ・ビョンホンと岩下志麻 共演するならミステリー?アクション? 映画『王になった男』ジャパンプレミア試写会&大ヒット祈願調印式!

 

 

1月29日(火)映画『王になった男』ジャパンプレミア試写会と大ヒット祈願調印式が、新宿バルト9にておこなわれた。

試写会が終わると同時に、スタッフや記者会見場から移動してきた多くの報道関係者が試写会場に入り、舞台挨拶の準備を開始。

 

「ここがイ・ビョンホンさんの立ち位置になります。」と打ち合わせするスタッフの声が聞こえてくると、客席から歓声が…。今か今かというファンの熱い想いが後押しするようにすぐに準備も完了し、いざ舞台挨拶スタート。

 

黒いジャケットに白いズボンのイ・ビョンホンが爽やかな笑顔で登場すると場内には大きな歓声が上がった。

司会者から映画の感想を拍手で表そうと提案すると、大歓声とともに拍手が鳴り響くとイ・ビョンホンは微笑みながら「なんか、あまり面白くなかったみたいですね。」ジョーク混じりで答えると大きな拍手と笑いが上がった。

「皆さん、こんにちは。イ・ビョンホンです。おいしかったですか?あ、すみません。面白かったですか?私もこの映画は面白かったです。」と、更に冗談を交えながら日本語で話し続けて「久しぶりに皆さんにお会いできるということで、とても興奮していました。今回の作品は怖くないし、血も出てこない。皆さんに楽しんでもらえる作品なので、自信を持ってこうして舞台挨拶ができてとてもうれしいです。」と挨拶、友人のような存在だというファンに久しぶりに会える喜びを伝えた。

今まで演じた役柄やイメージとは全く違う“コミカル”なハソンを演じたことについて 「皆さんも感じているかもしれませんが、ハソンという人物は実際の私にとてもよく似ているんです。だから私の周りの友人やスタッフは、常に見ている姿なので、特に驚くことはありませんでした。」と語った。

 

さらに見どころの1つとなっているコミカルな踊りについては、 「すごく難しかったので、実は足は代役です。派手な動きもないので、すぐに習得して撮影に臨めると考えていましたが、韓国舞踊の基礎から学ばないと動作1つにしても、繊細な表現はできないものだと知りました。撮影の1番最初に撮る予定だったのですが、監督に少しずつ先延ばししてもらっているうちに、結局4カ月後、撮影の1番最後に撮ることになりました。それでもどうしても難しい部分は舞踊の先生にお願いしたんです。」と秘話を明かした。

そして親しい友人と歓談するかのような和やかで楽しい舞台挨拶も終わりになり、後ろ髪を引かれるような表情で手を振るイ・ビョンホン。調印式が行われる舞台へと移動した。

 

 

今か今かとロビーで待ちわびていた超満員のファンの前に、大歓声の中、再びイ・ビョンホンが登場。「実は空港に到着したときから、皆さんのおかげで胸を熱くしていました。毎日こうして私の胸を熱くしてくださって、本当にありがとうございます。」と感謝の気持ちを述べた。

ドラマ『オールイン 運命の愛』を見てイ・ビョンホンの大ファンとなったという女優岩下志麻も登場し、イ・ビョンホンの演技や演技に対する姿勢などを褒めちぎった。

 

終始ベタ褒めする岩下志麻に「本当にすばらしい女優さんで、俳優として先輩にあたる方ですが、そんなふうに褒めてくださったので、身の置き所がないような気持ちです。」と恐縮しっぱなしの様子だった。

 

映画『王になった男』の感想を熱く語る岩下志麻。あまりに熱くなりすぎて、映画の具体的な内容が話の中に数々登場してしまい、「まだ映画を見てない方にネタバレしてしまったのではないかという点がちょっと心配です。」なんて場面も。

すぐさまロビーのファンから「もっと見たくなった!」と大きな拍手が起こり、イ・ビョンホンとファンとの固い“友情”が垣間見えた。

 

もし2人が共演するとしたら?という問いに、「ビョンホンさんが韓国の御曹司の息子で、少し屈折した性格で、私は韓国で事業をしている女社長です。あるパーティーで出会って、何かミステリアスな事件に巻き込まれる。そういうステキなミステリーがあったらいいなと思います。」という岩下志麻に対し、「2人とも武芸の達人っていうのはどうでしょうか。岩下さんは日本の武術、私は韓国のテコンドーの達人ということで、一緒にアクションを見せるというのはどうでしょう。」とイ・ビョンホンは答えた。

 

続いて大ヒット祈願の調印式へ。韓国時代劇ドラマなどでもおなじみ、朝鮮の王様が使う印鑑が大きなレプリカで登場。

 

イ・ビョンホンと岩下志麻の2人で印鑑を持ち、“影武者 真の王となる”と書かれた大きな書に調印をおこなった。 最後に「先ほども申し上げましたが、日本の皆さんにお会いできて本当に胸を熱くしています。ありがとうございます。

そして幸い、皆さんのその熱い声援に自信を持って応えられる作品が、今回の作品です。最近の何年間かは、重いテーマや怖い映画への出演が多かったのですが、今回は本当に楽しい映画だと自信を持っておすすめできるので、興奮していますし、とてもうれしく思っています。楽しくご覧ください。」と感謝の気持ちを述べると、イ・ビョンホンの退場とともに全てのイベントが幕を閉じた。 p>

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

映画『王になった男』 2013年2月16日(土)より新宿バルト9、丸の内ルーブルほか全国ロードショー! 配給:CJ Entertainment Japan 公式サイト:http://becameking.jp/

2013.02.06

blank