チョン・ウソン、ハン・ジミン来日『パダムパダム~彼と彼女の心拍音~』スペシャルトークショー&記者会見開催!!

 

映画『私の頭の中の消しゴム』などで日本でも絶大な人気を誇るチョン・ウソンと『屋根部屋の皇太子』で話題をさらったハン・ジミンが来日し、1月27日(日)東京・メルパルクホールにて、テレビ朝日にて2月3日からの放送開始を記念したイベント『パダムパダム~彼と彼女の心拍音~』スペシャルトークショー&プレミアム抽選会が開催された。

 

チョン・ウソンが久しぶりにラブストーリーに挑んだ『パダムパダム~彼と彼女の心拍音~』は、相手役にハン・ジミン、キム・ボムなど豪華キャストの共演、また、『IRIS-アイリス』のキム・ギュテ監督と人気脚本家のノ・ヒギョンが、『彼らが生きる世界』以来の協力タッグを組んだことでも話題になったドラマ。

 

ラブストーリーでありながら、16年前の殺人事件の真相に迫るミステリー的な要素もあり、また、奇跡を扱うファンタジーな要素も加わり、回を重ねるごとに目が離せなくなる視聴者が続出したドラマでもある。

 

そのドラマイベント直前には記者会見が行われ、二人揃って登壇した。 黒のスーツ姿のチョン・ウソンと黒のミニワンピース姿のハン・ジミン、シックな装いの二人が大きな拍手で迎えられ笑顔で登場。今回抽選で選ばれたファンも出席しており、後方のファンに向かってにこやかな笑顔で大きく手を振った。 チョン・ウソンより「みなさんこんにちは、お目にかかれて嬉しく思います。パダムパダムを通じて、みなさんにお会いできることをとても嬉しく思っています。」 ハン・ジミンより「はじめまして、ハン・ジミンです。パダムパダムに関心いただきお越しくださりありがとうございます。楽しい時間をすごせればと思います。」と挨拶をして会見はスタートした。

 

 

Q:お気に入りのシーンは?

ジミン:「たくさんあるので、ひとつ選ぶのは難しいのですが、二人で一緒に苦労した撮影で思い出されるのは、湖で泳ぐシーンでガンチルに告白される美しいシーンです。」

ウソン:「とても寒い中で撮影が行われました。もっと寒くなる前に撮ろうということで撮影を始めたのですが、いざ撮影すると湖の中は寒くて身体を震わせながら撮影をしました。このシーンは好きなのですが、一つ選ぶとしたら最後の雪景色の中でのシーンで、二人が子供のような幸せそうな笑顔を浮かべていて、二人の感情が込められた美しいシーンになっていると思います。」

 

Q:ノ・ヒギョンの脚本だなと感じる部分は?

ウソン:「お互いに隔たりのない関係を作っていく純粋な関係というのがノ・ヒギョンさんの作品には描かれていると思います。相手に礼儀を尽くしたり、思いやるということを考えて、なかなか自分を表現できなかったり、自分を押し殺してしまったり、そして相手の反応も自分のフィルターにかけて他人を理解するということがあると思うのですが、相手の本質を理解するのは難しいと思うのですね。その関係の中で隔たりや壁をなくして相手の本質を理解するという人間同士の関係性がよく描かれていると感じました。」

ジミン:「もっとも大きな魅力はドラマの中の登場人物たちが生き生きと個性的に描かれているという事だと思います。二人のラブストーリーがメインとなっていますが、その周囲を取り巻く様々な登場人物、キャラクターがとても個性的で現実にもいそうな人間像が描かれていると思いますし、とてもリアルなセリフが多いんですね。」

 

 

Q:日本人にお薦めするロケ地は?

ウソン:「やっぱりトンヨンをおすすめしたいです、美しい港町ですのでぜひ行ってみてください。」

ジミン:「カンウォンドの雪景色もとても印象的でしたけれども、やはりメインの舞台になったトンヨンをお薦めしたいです。韓国には様々な港町がありますが、トンヨンは小さな港でジナが勤めていた動物病院まで登っていくとひと目で街が見渡せる眺望になっています。行く途中の様々な壁に絵も描かれていて、印象に残る街だと思います。」

 

Q:「奇跡」がテーマですが、奇跡のような瞬間は?

ウソン:「今この瞬間ですね(笑)。このドラマを通じて特別な経験をしたねと言い合っていたのですが、みんなにとって特別であり尊い経験でもありました。ドラマのメッセージでもある奇跡は特別なものというよりも、日常の中にあるということをこのドラマが伝えていて、奇跡は特別な日なのでなく、今日、この日々の中にある瞬間こそまさに奇跡なんだということだったのです。」

ジミン:「このドラマを通じて、ガンチルと出会うことで、小さなことの中にも奇跡が潜んでいるということ、その小さなことにもありがたく感じる気持ちが本当に奇跡ではないかと思います。人を愛することでも奇跡がおきましたし、普段目にしていた美しい自然や風景にも奇跡を感じるようになったんです。生まれてから育っていく当たり前のことの中にも、奇跡が隠されていたことに気づかされました。」 そして、最後にメッセージとしてチョン・ウソンは「人間関係のなかにある見えない心の絆を描いているドラマです。みなさん目で楽しんでいただくだけではなく、ぜひ心で感じとって欲しいなと思います。」と話し、ハン・ジミンは「純粋なラブストーリー、家族愛、ファンタジーの要素が含まれているドラマですが、わたしたちがドラマを通じて感じたように、皆さんもドラマを見て日常の中にある幸せや奇跡を感じ取って、パダムパダム(ドキドキ)してほしいと思います。」と語り会見は終了した。

 

会見後には2部構成のイベントが開催され、会場は1000人以上のファンが来場し盛り上がった。

 

<img
src="https://korepo.com/wp-content/photo/korereport/2013-photo-kore/20130127-padam/20130127-padam9.jpg" width="450" height="300">

第1部はチョン・ウソン、ハン・ジミンによるドラマトークショーが行われた。 ドラマの予告編映像が流れた後、黒のスーツをすっきりと着こなしたチョン・ウソンとベージュ系のフェミニンなワンピースでキュートなイメージのハン・ジミンが会場のファンからの大歓声に迎えられて登場。 作品の映像を見ながらの映像クイズやドラマの撮影のエピソードの披露、会場のファンから直接質問コーナーなど、ファン参加型のイベントで大いに盛り上がった。

 

また、ドラマ共演者のキム・ボム、イ・ジェウ、ガンチルの母を演じたナ・ムニ、キム・ギュテ監督からもドラマのエピソードや熱い思いなどのメッセージが流れ、会場のファンから大きな拍手が送られた。

 

最後は視聴者が選ぶ名場面ベスト1に選ばれたチョン・ウソン、ハン・ジミンのお気に入りの『湖のシーン』のアテレコに挑戦するゲームコーナーも行われ、3名のファンが二人を相手にアドリブで挑戦し、会場を沸かせた。

湖のシーンは2日間かけての撮影で、湖以外にプールでの水中撮影や、駐車場でも撮影したという秘話も明かすなど、会場からも笑いを誘った。

 

 

第2部は 「パダム パダム~彼と彼女の心拍音~」のDVD-BOX購入者を対象にプレミアム抽選会が行われ、主演の二人を愛してやまないファンが参加し、プレミア感たっぷりのイベントで盛り上がり、ファンにとっては最高の時間を過ごしイベントは終了した。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC.)

 

■パダムパダム~彼と彼女の心拍音~ DVD-BOX1~2発売中 各16,800(税込)

発売元:テレビ朝日/コンテンツセブン/ワコー

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

©JTBC CO., LTD & MI. INC All rights reserved ©2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

■「パダム パダム~彼と彼女の心拍音~」(全20話)

放送日時: 毎週日曜深夜2:40~3:30 テレビ朝日 関東ローカル

出演: チョン・ウソン(ドラマ「アテナ-戦場の女神-」、 映画『私の頭の中の消しゴム』) ハン・ジミン(ドラマ「屋根部屋の皇太子」「イ・サン」) キム・ボム(ドラマ「花より男子~Boys Over Flowers」)

他 脚本: ノ・ヒギョン(映画『世界で一番美しい別れ』)

演出: キム・ギュテ(映画『世界で一番美しい別れ』、ドラマ『IRIS-アイリス』

制作: JTBC Co., Ltd & MI, INC

★DVD公式HP http://www.padam-padam.jp

2013.02.05

blank