俳優パク・ソジュン、パク・ヒョンシク主演ドラマ「花郎」、初のティーザー公開でベールを脱ぐ

article

ドラマ「花郎」の最初のティーザーが公開された。
22日にKBS2の新月火ドラマ「花郎(ファラン」サイドは、公式ホームページなどに30秒分量の最初のティーザー映像を掲載した。
ティーザー映像は、刀を握ったパク・ソジュンの強烈な目つきと、覆面で顔を覆ったパク・ヒョンシクの鋭い目つきが絡み合って始まる。ここに、ソン・ドンイルの意味ありげなナレーションが加わってドラマに重量感を加えた。ソン・ドンイルは、「国と民のために命をかける、美しくて特別な存在」、「これが私が作っていく神国の未来」と、ドラマ「花郎」が公開する眩しい青春のストーリーを暗示した。


吹き荒れる映像の中でチェ・ミンホ(SHINee)、ト・ジハン、チョ・ユヌ、キム・テヒョン(防弾少年団V)などそれぞれ「花郎」の個性を表現した。ドラマをリードしていく6人の花郎が、一糸乱れぬ様子で剣を振りかざす姿はドラマに対する期待を高めている。ここにAraの明るいほほ笑み、キム・ジスの冷たい存在感が視線を集める。
何よりも強烈なエネルギーが感じられる。これまで「花郎」は、ポスターを通じて爽やかなイメージを強調してきたが、ティーザー映像では力強い青春にスポットを当ててドラマ「花郎」の多彩なストーリーに関心が集められている。

また、ドラマ「花郎」は、ドラマ史上初めて新羅時代の花郎を本格的に扱ったドラマだ。1500年前の新羅の首都で活動した花のような男「花郎」の情熱と愛、眩しい成長を描く100%事前製作ドラマで、来月19日に韓国で放送がスタートする。

2016.11.22

blank