新人グループ「JACE」、先行公開曲「Come Up」が海外で人気集める

新人グループ「JACE」、先行公開曲「Come Up」が海外で人気集める

SBSドラマ「星から来たあなた」でパク・ヘジンの少年時代を演じたチョ・スンヒョンが所属するバンド「JACE」の先行公開曲「Come Up」が海外のファンから関心を集めている。

18日のリリースと同時にYouTubeで公開された「Come Up」のミュージックビデオには、多数のコメントが書き込まれているが、その9割以上が海外のファンのものである。

アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなど、海外各国のファンたちの評価はほとんど「曲がいい」「ボーカルの声がユニークで魅力的」などの好反応だ。コメントだけでなく、外国人男性のリアクション映像もミュージックビデオの公開直後に投稿されるなど、海外ファンから新人としては熱い反響を呼んでいる。

「JACE」の所属事務所であるLIVE ACHIEVEMENT GROUPの関係者は「デビュー前の先行公開曲としてベースのサンウンが歌った『Come Up』を選んだ時、大変悩んだ。『JACE』を知らせる上で非常に重要な曲だが、メインボーカルではなく作詞と作曲を担当したサンウンが歌った曲を選んだ。音楽的に一番良かったためこの曲にしたのだが、このような悩みが思ってもいなかった海外ファンからの良い反応につながって嬉しい」と述べた。

「JACE」のデビューシングル曲「Come Up」は、音楽をしながら大変だった時期にふと思ったことや覚悟を飾らずに表現した曲だ。誰でも経験する厳しく大変な時期に「そう、自分ならできる」という自信の声を込めて、聴く人に癒しを与えたい気持ちで作った曲だ。メインボーカルのスンヒョンではなく、作詞と作曲を担当したベースのサンウンが歌った曲でさらに話題になっている。

なお、「JACE」は「Come Up」を皮切りに、来月短編音楽映画を公開し、本格的に活動を始める予定だ。

2014.03.24

blank