チェ・ジニョク、真心と感謝の気持ちを込めて 「Japan First Fan Meeting in TOKYO」開催!!

 

 

ドラマ「ロマンスが必要」「パスタ~恋ができるまで」で注目され、「パンダさんとハリネズミ」や2012年11月末に韓国で公開された映画「音痴クリニック」でスクリーンデビューを果たした、新進韓流スター、チェ・ジニョクの日本初のファンミーティング「Japan First Fan Meeting in TOKYO」が12月16日(日)東京・ラフォーレ六本木にて開催された。

 

チェ・ジニョク

拍手と歓声で迎えられ、ステージに颯爽と登場したチェ・ジニョクは「はじめまして!」と挨拶。

 

早速「♪Just Once」を披露し、歌い終えると「こんにちは、チュエ・ジニョクです。ワイルドだろう~。」と日本語で急遽覚えた流行りのギャグを言って笑いを誘った。

 

「日本でお会い出来て嬉しいです、日本語はまだまだです。でも僕はかわいいでしょ。」と挨拶し、お茶目な姿を見せた。

 

続いてファンミーティングでは恒例になったフォトタイムではファンの前でポーズを取り、会場はフラッシュの嵐となった。

 

ここからはトークタイム。

Q:日本でのファンミーティングは初めてですが、今の気持ちは?

チェ・ジニョク:「韓国でもまだやったことがないファンミーティング、一週間前から緊張していました。どうしたらかっこ良い姿を見せられるか考えていましたが、こんなにたくさんの方が見に来てくれるとは思ってもみなかったので、みなさんに沢山の力をもらった気分です。ありがとうございます。みなさん可愛いです(笑)。」

 

Q:歌手だと思うほどお上手ですね。

チェ・ジニョク:「うまいというよりも、歌が大好きなんです。近いうちに日本での音楽活動が出来たらいいなと思っています。」(会場からは拍手が沸き起こった。)

 

Q:身体を鍛えていますか?

チェ・ジニョク:「韓国の男優は体を鍛えないと生きてはいけないですね。そこで有名フィットネスクラブの会員の半数が男優です(笑)。カムナムのフィットネスクラブに行けば1日にひとりはスターとの遭遇のチャンスもあるかもしれないです(笑)。」

 

Q:日本の印象は?お美味しいものは食べましたか?

チェ・ジニョク:「日本に来て美味しいものはたくさん食べました。日本にきたのは7回目ですがみなさん親切で、道も綺麗なので羨ましいなと思ったことと、人々が親切で思いやりがあって、他人に迷惑をかけないようにしている配慮がとてもいいですね。」

 

Q:ドラマ「ロマンスが必要」の中でのエピソードは何?

チェ・ジニョク:「出演を決めるにあたって悩みました。なぜかというと演ずるのが大変なシーン、ちょっとHなシーンもあり、初のキスシーンは眠れないほど緊張しました。」

 

Q:演技するときに気をつけていることは?

チェ・ジニョク:「演技する際に最も大切に思っている事、それは”真心”です。」 とうことで彼の好きな言葉”真心”と”愛”を、先生になってジニョクのハングル発音講座が開始され、会場のファンに発音を伝授して盛り上がった。

 

ファンが直接質問できるというコーナーや、「演技でデート」コーナーではドラマの場面をファンと再現し、名前を呼び合ったり、手をつないだり、バックハグの場面があったりと、大いに盛り上がって会場はヒートアップした。

日常の姿の映像が流れた後、ジャケットにジーンズ姿に着替えて登場。

 

 

「♪ハヌルル タルリダ」を熱唱し、会場のファンも彼の声に魅了された。 続いて、クリスマスに因んでファンの願いが叶うコーナーでは、一緒に韓国の国歌を歌ってというリクエスト。

 

胸に手を当てての韓国スタイルで熱唱し、選ばれたファンも大満足の様子が伺えた。

 

ファンへのプレゼントをカロスキルで購入している映像が流れた後は、購入したプレゼントを抽選でファンへ直接手渡され、真心のこもったプレゼントにファンは大喜び。

 

会場に飾られた特大バナーもサイン入りでプレゼントされた。

 

最後に真心と感謝を込めてファンへ手紙を書く映像が流れて、その手紙をステージで彼自身が読み上げ、再び「♪サランドチ」を歌い上げて、感動に声を詰まらせ涙する場面も。

 

 

会場からも「ファイティン!」と声援が飛びファンも感動した。

続いての ファンに向けてのメッセージも涙で言葉を詰まらせながら、「たくさんの人が来てくれて心から感謝します。最近つらい事が重なり、自分でも考えることが多かったので、それに打ち勝つ努力しているところです。今日皆様に頂いた深い感動はたとえ俳優を辞めることがあったとしても一生の忘れることはありません。」と、ファンへ感謝の気持ちを述べ、膝をついて韓国式のお辞儀をした。

 

 

「生まれて初めての何とも表現できない気持ちです。僕の座右の銘は信じる人を裏切ってはいけないという事。皆様の気持ちを裏切らないようにいつまでもかっこ良い姿を見せたいです。」と熱くメッセージを伝えた。

 

会場のファンから「ジニョクシ、ファイティン!」と全員でエールを送り、拍手と歓声の中ステージを去り、ファンミーティングは終了した。

 

この後、握手会とサイン会も行われひとりひとりのファンとの交流を深めた。

 

真心と感謝の気持ちが込められたファンミーティングであり、日本で初めてのファンとのふれあいでチェ・ジニョクにとってもフ
ァンにとっても忘れられない最高の思い出となったことだろう。

 

今後も俳優としてまた歌手としての活躍に大いに期待したい。

 

 

取材 Korepo : report utsuno

 

2012.12.21

blank