KIM JUNSU&JUNO兄弟共演が「K-POP KIZUNA CONCERT」で実現! !

11月23日(金・祝)横浜、日産スタジアムにて、FC MEN JAPAN FIGHT VOL.2『FC MEN JAPAN ドリームマッチ~in YOKOHAMA』が開催された。


KIM JUNSU団長率いる、「FC MEN」と、サッカー好き有名芸人チーム「ALL TALENTS」が対決!

今年4月に東京・国立競技場で行われた『FC MEN JAPAN FIGHT VOL.1 東日本大震災チャリティーマッチ』に引き続き団長KIM JUNSUが出場、今回は日本で歌手としても活躍中のキム・ヒョンジュン(リダ)も副団長として出場するなど、前回以上に話題を集めている。

また試合前には韓国の人気アーティストによる「K-POP KIZUNA CONCERT」も開催、同イベントを更に盛り上げた。

ライブのトップで爽やかに登場したのはミカ、カラム、ヒョンミン、インジュン、ジェイの大国男児。
ミカの「みんな!盛り上がって行こうぜ!」の掛け声でスタート!

黒い大人っぽい衣装に身を包んだメンバーは自己紹介後、“Love Power”を歌唱。

「意義あるステージに立てて、光栄です。」とカラムが挨拶、「雨の中たくさんの方が来て下さりありがとうございます。

お気に入りの曲“本気Magic”、聴いてください!」とインジュンが紹介、全4曲をダンスパフォーマンスと共に披露、熱いステージでオープニングを飾った。

続いて登場したのはFC MENの監督を務める俳優で歌手のユン・サンヒョン。
「このような大きなステージで歌うのは初めてなので・・嬉しいですね。本当に(気分が)いいですね」と、ドラマ『シークレットガーデン』から“ヌンムンジャリ”を大人の魅力満載で届けた。
さらに彼自身も大好きで、よく歌っているというMr.Children(ミスチル)の “擬態”を披露するなど、甘い歌声でスタジアムを包んだ。

 

JUNSUの双子の兄、JUNOはマジシャン真矢&神貴によるイリュージョンで登場!
胸元があいたセクシーな衣装で登場したJUNOは「イリュージョンでの登場は経験したことがなかったので、ステージより緊張しました。」と笑顔を見せるとスタジアムかたは大歓声が上がった。
「久しぶりにたくさんの人たちの前で歌えて本当に嬉しいです。」と喜びを示し、デビュー曲“Fate”、1stアルバムのタイトル曲“その髪も指も唇も・・”など4曲を時にはセクシーに、ダイナミックに、またしっとりと届けた。 唯一のガールズクループは韓国でデビューしたばかりのガールズグループのNep。
体調不良で欠席したウンチェの分もとの思いを込めたエネルギシュかつ、華麗なステージで“DEMODEMO”など3曲を披露、ライブに華を添えた。
FC MENの選手でもある、K-POP.モンスターグループのM.E.Nは“POWER”“Especially”など4曲をパワフルなステージと共に披露した。

 

 

ライブのラストを飾るのはKIM JUNSU。
雨もあがりライトアップされたスタジアムは幻想的な雰囲気を湛え、ソロアーティスト・KIM JUNSUのステージを演出。
スタンドはオールステンディングでさらにヒートアップ!
JYJのジェジュンが作った“No Gain”を歌い上げた後、ま「皆さん!こんにちは。元気でしたか?」とJUNSUが声をかけるとスタンドからは大歓声が響いた。

「日本のステージで皆さんにお会いできて本当に嬉しいです。雨で寒いですが皆さん来て頂いて、ありがとうございます。」と深く頭を下げ、「この後のサッカーもみなさん楽しん下さいね。」と日本語で挨拶すると、更に大きな歓声と拍手に包まれた。
「みなさんの大声援が聞こえましたか?」とのMCの問いに「癒されました。」一言。
「他のステージでも、皆さんに絶対!会えるように頑張ります!待っていてください!」と力強い呼びかけにスタンドのファンからは大歓喜の声と拍手が送られた。
最後に1stアルバムから“TARANTALLEGRA”を前にも増した魅力的な歌声とダンサーを従えた激しいダンスパフォーマンスと共に気迫のこもったステージを届け、2曲ではあったがその圧倒的な存在感を放った。

取材Korepo : photo ham / report ogawa

 


Photo Gallery《litebox》

2012.11.28

blank