“RAP MONSTER(防弾少年団)、最もオールラウンドなラッパー”と米有名ヒップホップ雑誌が紹介

201610241406774278_580d97c49422b

アメリカの有名ヒップホップ雑誌「XXL」が、韓国の10大ラッパーを紹介して防弾少年団のリーダーRAP MONSTERに注目した。
XXLは最近、「あなたが知らなければならない10人の韓国人ラッパー(The New New: 10 Korean Rappers You Should Know)というタイトルの記事で、RAP MONSTER(防弾少年団)、Keith Ape 、Okasian、ジコ(Block B)、G-DRAGON(BIGBANG)、Beenzino、Dok2など韓国の情熱的なヒップホップ文化を代表する10人のラッパーを紹介した。


XXLは、RAP MONSTERの代表曲に「Do You」、「Joke」を挙げて、彼がピットブル(PIT BULL)やフロー・ライダー(Flo Rida)のようなラップスタイルを駆使すると説明した。
XXLは特に、RAP MONSTERは自身の役割を十分にこなすラッパーだ。韓国の一山(イルサン)が故郷であるRAP MONSTERは、多様なインストルメンタルを行き来しながらラップの流れを自由自在に替えることができる韓国で一番オールラウンドなラッパーでもある」と高く評価した。

XXLは続いて「2013年に22歳で防弾少年団のメンバーとして人気をあつめ始めたRAP MONSTERは、デビュー以来、防弾少年団として活動をしながらも個人の音楽作業を通じて本人の才能をアピールしている」と注目した。
RAP MONSTERが所属する防弾少年団は、10日に2nd フルアルバム「WINGS」を発表して韓国歌手として初めて「ビルボード 200」の26位に進入するなど、全世界で人気をあつめている。

2016.10.24

blank