2PMテギョン、バラエティ番組で屈辱 “僕のことを知らなかった”

article-1

人気アイドルグループ2PMテギョンが、自身の知名度に関して屈辱を経験した。
23日に放送されたSBSのバラエティ「よく食べてよく生きる方法-食事しましたか?」では、癌闘病中の情報提供者の両親を食事に招待するイム・ジホとキム・スロ、そしてテギョンの様子が描かれた。
テギョンは、情報提供者の両親が運営する食堂に行って、「オク・テギョン」という言葉を聞くというミッションを受けた。


最初は覆面をかぶって食堂に入ったオク・テギョンは、コーヒーを1杯注文した。しかし、情報提供者の両親とお姉さんは全く気づかなかった。覆面を脱いだ後も同じ状況だった。
テギョンは、結局先に「ドラマで見ないですか?僕が誰だか分からないですか?」と尋ねたが、両親は気づかなかった。

2016.10.23

blank