ソン・シギョン 日本公式ファンクラブリニューアルオーブン記念ファンミーティング直前記者会見開催!!

 

2000年のデビュー当時から、圧倒的な歌唱力と表現力、そのソフトな歌声で韓国バラード界の貴公子と称されているソン・シギョンが、10月9日の名古屋に続き11日は都内・Zeep Tokyoにて日本公式ファンクラブ(Purpleocean Japan)のリニューアルオーブン記念ファンミーティングを開催し、直前に合同記者会見を行なった。

 

ソン・シギョン

日本記者会見に久々に登場したソン・シギョンはモスグリーンのパンツにネイビーのセーターを合わせたカジュアルスタイルでマスコミの前に登場。

最初はフォトセッションからスタートし、写真はあまり好きではないし笑顔を作るのが苦手と言いながら、カメラの前でやや緊張気味の様子でポーズを取るソン・シギョン。
そして、早速会見がスタート。

 

Q:ファンミーティングへの意気込みは?

シギョン「コンサートと違って、韓国ではファンクラブが準備してくれて、自分の率直な姿をファンに見せるように心がけていますが、日本のファンミーティングでは韓国と違い曲数を増やして公演の準備をしてきました。歌も大事ですがファンのみなさんと話の時間を作りたいなと思います。」

 

Q:デビューから12年経って、どのような歌手生活だったか?歌手として心がけていることやスタンスは?

シギョン「12年経ちましたね。長いようで短かったです。振り返ってみると昨日だったような気がします。韓国の歌謡史も変わってきましたが、自分自身は最初も今も変わっていないし、歌に対する気持ちは一緒だと思います。音楽を大事にして歌詞をうまく伝えたいと思います。時間が経過することに対してはあまり考えていないし、変わった事といえば歳をとったことと、肌がきれいではなくなったり、肝臓が悪くなったり(笑)。日本のファンのみなさんとも長いあいだコンサートをやりながら仲良くなり、築いた関係性が深くなったような気がします。」

 

ソン・シギョン ソン・シギョン

 

Q:ファンミーティングで歌う曲はどのように選択しましたか?

シギョン「曲を選ぶときの理由はなかったですが、ファンのみなさまにどういう曲を歌って欲しいか聞いてその中から選びましたし、コンサートとは違うので、コンサートではやらない編曲をしたり、ピアノ演奏家の伴奏で歌うことを準備しました。ファンのみなさんが好きな曲を歌おうと思います。」

 

Q:名古屋公演はすでに終わりましたが手応えは?

シギョン「日本が地域的に広いなと感じました。地域によってカラーが違ったり、ファンのみなさまの反応が違ったりとかそれは面白かったです。静かに集中して聞いていただくようなお各さまで温かい感情になりました。名古屋で“ひつまぶし”を食べたのですが、とてもおいしかったよという話をしたら喜んでくれたことが印象的でした。本当に美味しかったです。とても小さい会場だったのでみなさんに声がすぐ届けられたのがよかったなと思います。“ひつまぶし”は本当に美味しかったです(笑)」

 

ソン・シギョン ソン・シギョン

 

Q:バラエティに挑戦して何か心境の変化はありますか?

シギョン「音楽に影響することはないです。バラエティを昔はやっていたこともありました。好きだとか嫌いだとかということはありませんので頑張ってやろうと思っています。自分は歌手ですので、俳優が歌を歌うわけではなく、歌手がバラエティに出るようになったのでその分がんばっていけばよいと思います。でも“1泊2日”という番組は他のバラエティ番組と違って、ひとつのチームになって7人が頑張っていくという責任感をもってやらなければいけない番組だと思っています。特にその中で一番下手だと思っているのでもう少し頑張ってやっていきたいなと思います。また全年齢層の方が見る番組なのでいい番組になっていったらいいと思います。」

 

Q:“1泊2日”の番組の中で特に親しい人と番組での面白い話を教えてください。

シギョン「誰か一人ではなくてみんなの仲が良いです。最近はテニスに嵌っていまして色が黒く焼けました。腕を使っているので、歌いながら腕が揺れるかもしれないので申し訳ございません(笑)。ラジオやバラエティやドラマOSTを歌ったり、コンサート準備をしているので今はとても忙しい時期です。」

 

Q:9日間コンサートはどんなコンサートにしたいですか?

シギョン「小劇場のコンサートで、近くで歌えるような場所になると思います。バンドの編成も少なくして楽器の一つひとつの音を届けたり、自分の声を良く届けたりするような編成を考えています。気楽にみなさんと接するように普段着でやりたいと思っています。歌手は歌うことが一番幸せだと思います。9日間ずっと大変ですが、幸せな時間になるだろうと思います。」

 

Q:最後にメッセージをお願いします。

シギョン「コンサートではなくファンミーティングに来てくれてありがとうございます。今日はファンのみなさまと一緒に楽しい時間を過ごしていきたいと思います。」

 

ソン・シギョン ソン・シギョン

 

会見途中で、記者より普段からあまり笑わないですかとの質問には写真があまり好きではないのでカメラの前では笑うのが苦手、家族写真もないですと笑いながら答え、普段から理由なくあまり笑うことはないですよと、淡々と答えるソン・シギョン。
ユーモアを交えた話し方や切り返しに長けたウイッ
トに富んだソン・シギョンの魅力をたくさん見せ会見は和やかに終了した。
今後も多才な魅力を日本のファンにも発信してくれるに違いない。

取材: photo ham / report uthuno

 

2012.10.12

blank