米フューズTV、防弾少年団にスポットライトを当てる"グループアイデンティティと個性が調和"

フューズTVは「この3年間、防弾少年団は普通のK-POPアーティストのようにソロアルバムやユニットアルバムを発表する代わりに、RAP MONSTERやSUGAがミックステープ形態で非公式的な個別の音楽活をするのに力を注いできた」として防弾少年団のいままでの歩みを紹介した。

引き続き「ところで今回の『WINGS』では7人のソロ曲を収録して各自の個性と人生観を見せることができた」としてアルバムに収録された7個の個別ソロ曲のジャンル、ボーカルとラップなど歌唱力、内容などを詳細に分析した。

フューズTVはこのような新しい試みはグループ全体としてのアイデンティティを維持しながらも個人がアーティストとして成長する手助けになり、各メンバーにソロ曲を上げることによってグループと個人が同時にスポットを浴びることができると強調した。

防弾少年団の2ndアルバム「WINGS」はタイトル曲「血、汗、涙」と「LIE」、「AWAKE」、「MAMA」等メンバー個人のソロ曲7曲を含む合計15曲が収録されている。2013年にデビューして以来、初めてソロ曲が収録され、大きな話題を集め、タイトル曲「血、汗、涙」に続き韓国内外の音源チャート上位圏にランクされ熱く愛されている。

2016.10.15

blank