イ・スンギ“CD購入者限定ジャパンデビュープレミア”を開催!!

3月21日(水)、東京ドームシティホールにて、韓国の人気俳優イ・スンギが日本デビューを記念した“イ・スンギ ジャパンデビュープレミア”を開催した。俳優はもちろん、歌手、MCとマルチな活躍で、CM契約数は4年連続NO.1に輝き、韓国では“国民の弟”と称されるイ・スンギ。同イベントは3月6日にリリースした日本デビューシングル『恋愛時代』のCD購入者を限定としたもので、昼と夜約4000人が集った。

イ・スンギ
会場に鳴り響く、大きな歓声に迎えられ登場したイ・スンギは「皆さんこんにちは。イ・スンギです。

お久しぶりにお会いいできて嬉しいです。」と日本語で挨拶、たくさんのファンとの再会を喜んだ。

日本デビューシングル『恋愛時代』はオリコンシングルデイリーランキング1位(3/5)を獲得。

「全部皆さんのおかげです。ありがとうございました。」と感謝の言葉を述べ、深く頭を下げた。

日本デビューについて「非常に緊張しましたが、ワクワクもしました(笑)。ファンの皆さんのおかげでデイリーランキング1位を獲得することができました。皆さんの応援が力になり、もっと頑張ろうと決意しました。日本での活動にも力を入れて行きたいと思います」と力強く語った。また偶然にもこの日、21日が主演ドラマである『The King 2 Hearts』の初放送となることを伝え、今日の朝5時まで撮影があり、この日は2時間の仮眠をとって来日したと明かし、体調を心配した声に「コンディションが心配でしたが、皆さんの顔を見たら、エネルギーが湧いてきました。僕は日本が合うみたいです!」と、元気な笑顔を見せた。さらに(役作りで)髪を短くしたという彼は前髪に手を当て、「実はこの部分はニセモノです(笑)」とウィッグをつけていると明かし、会場を笑わせた。

イ・スンギ
さらにロンドンオリンピックの聖火ランナーに決まったという嬉しい報告に会場は大興奮。「僕自身も聞いてビックリしました(笑)。おそらく、マンチェスターあたりを走ると思いますので、皆さん見に来てください!」とアピール、「できるだけ長く走りたいので、ゆっくり走ろうと思っています(笑)」と嬉しそうに話した。

最新ドラマ『The King 2 Hearts』では韓国の王子を演じているというイ・スンギ、共演は人気女優のハ・ジウォンで北朝鮮の軍事教官役を演じている。ハ・ジウォンとの共演を「最高です!」と絶賛したイ・スンギと共に、秘蔵のドラマメイキング映像を初鑑賞すると会場はドラマへの期待感に包まれた。

待望のライブではモデルの石田ニコルをゲストに迎え“恋愛時代”を、“チング・ジャナ-友達だから-”ではダンサーを従え日本語で披露、アップテンポの“Smile boy”ではファンも総立ち、ペンライトで応援するなど最高潮の盛り上がりを見せた。

 

ファンからの「一問一答のコーナー」では

Qある朝、起きたら女性になっていた。さあ、何をしますか?
女湯に行きます(笑)。
Q 体の中で好きなパーツは?
心臓。
Q部屋の中にある一番お気に入りのものは?
パソコン(笑)・・・じゃなくて専用のBOXに入っているファンレターです。
Q いちばんのライバルは?
僕です(笑)。
Q韓国で一番好きな場所は?
家です。
など彼の素顔に迫る答えが飛び出し、ファンを喜ばせた。
イ・スンギ
また得意料理を実演している映像も流れ、「ファンの皆さんに僕の料理を振舞うイベントをいつかやってみたいです。」と嬉しい言葉も伝えられた。

さらにプレゼントコーナーでは抽選で5組10名に6月1日に行なわれる日本でメジャーCDデビューした韓国アーティストでは最速となる日本武道館公演のチケットが贈られた。最後に、「韓国からたくさんの芸能人が日本に来ています。グループでもなく、1人の僕に、果たしてできるだろうか、韓国との活動もあり、心配していました。でも、日本でデビューして感じたことは皆さんが一緒にいてくれる。(ファンの)皆さんと一緒のグループだと思いました。」と語り、会場からは感動と賞賛の大きな拍手は送られた。

「こうして日本に来られるのは、皆さんのおかげです。ドラマの撮影で当分の間は日本に来られませんが、いい作品を持って、また皆さんの前にご挨拶したいと思っています。ドラマが終わったらすぐに日本に来て活動したいと思うので、待っていてください!」と熱い想いを語った。イベント中、会場からは女性ファンの声援はもちろん、「ヒョン!(お兄さん)」と呼ぶ、小さい男の子の声や、女の子の可愛い応援の声も耳にするなど、幅広い年代から愛されるイ・スンギ。イベント終了後は「ファンの皆さんと直接触れ合いたい!」という彼の想いからサプライズでハイタッチ会の発表が。約2時間に及んだ、イベントはファンとの絆をさらに深めるまさに“プレミアイベント”となった。

6月の武道館公演に先駆け、4月18日には初となるベスト・アルバム『Lee Seung Gi-THE BEST-』の日韓で同時リリースも決定、『Tonight-Japan Special Edition-』も同時発売される。「どんどん上昇していく、という意味で父が付けてくれました。」と“スンギ”という名前の由来を語ったイ・スンギがその名のとおり、日本での人気も益々“上昇する”更なる活躍に今後は目が離せない。

3月21日(水)、東京ドームシティホールにて、韓国の人気俳優イ・スンギが日本デビューを記念した“イ・スンギ ジャパンデビュープレミア”を開催した。俳優はもちろん、歌手、MCとマルチな活躍で、CM契約数は4年連続NO.1に輝き、韓国では“国民の弟”と称されるイ・スンギ。同イベントは3月6日にリリースした日本デビューシングル『恋愛時代』のCD購入者を限定としたもので、昼と夜約4000人が集った。

イ・スンギ
会場に鳴り響く、大きな歓声に迎えられ登場したイ・
スンギは「皆さんこんにちは。イ・スンギです。お久しぶりにお会いいできて嬉しいです。」と日本語で挨拶、たくさんのファンとの再会を喜んだ。日本デビューシングル『恋愛時代』はオリコンシングルデイリーランキング1位(3/5)を獲得。「全部皆さんのおかげです。ありがとうございました。」と感謝の言葉を述べ、深く頭を下げた。

日本デビューについて「非常に緊張しましたが、ワクワクもしました(笑)。ファンの皆さんのおかげでデイリーランキング1位を獲得することができました。皆さんの応援が力になり、もっと頑張ろうと決意しました。日本での活動にも力を入れて行きたいと思います」と力強く語った。また偶然にもこの日、21日が主演ドラマである『The King 2 Hearts』の初放送となることを伝え、今日の朝5時まで撮影があり、この日は2時間の仮眠をとって来日したと明かし、体調を心配した声に「コンディションが心配でしたが、皆さんの顔を見たら、エネルギーが湧いてきました。僕は日本が合うみたいです!」と、元気な笑顔を見せた。さらに(役作りで)髪を短くしたという彼は前髪に手を当て、「実はこの部分はニセモノです(笑)」とウィッグをつけていると明かし、会場を笑わせた。

さらにロンドンオリンピックの聖火ランナーに決まったという嬉しい報告に会場は大興奮。「僕自身も聞いてビックリしました(笑)。おそらく、マンチェスターあたりを走ると思いますので、皆さん見に来てください!」とアピール、「できるだけ長く走りたいので、ゆっくり走ろうと思っています(笑)」と嬉しそうに話した。
イ・スンギ
最新ドラマ『The King 2 Hearts』では韓国の王子を演じているというイ・スンギ、共演は人気女優のハ・ジウォンで北朝鮮の軍事教官役を演じている。ハ・ジウォンとの共演を「最高です!」と絶賛したイ・スンギと共に、秘蔵のドラマメイキング映像を初鑑賞すると会場はドラマへの期待感に包まれた。

待望のライブではモデルの石田ニコルをゲストに迎え“恋愛時代”を、“チング・ジャナ-友達だから-”ではダンサーを従え日本語で披露、アップテンポの“Smile boy”ではファンも総立ち、ペンライトで応援するなど最高潮の盛り上がりを見せた。

ファンからの「一問一答のコーナー」では

Qある朝、起きたら女性になっていた。さあ、何をしますか?
女湯に行きます(笑)。
Q 体の中で好きなパーツは?
心臓。
Q部屋の中にある一番お気に入りのものは?
パソコン(笑)・・・じゃなくて専用のBOXに入っているファンレターです。
Q いちばんのライバルは?
僕です(笑)。
Q韓国で一番好きな場所は?
家です。
など彼の素顔に迫る答えが飛び出し、ファンを喜ばせた。

また得意料理を実演している映像も流れ、「ファンの皆さんに僕の料理を振舞うイベントをいつかやってみたいです。」と嬉しい言葉も伝えられた。さらにプレゼントコーナーでは抽選で5組10名に6月1日に行なわれる日本でメジャーCDデビューした韓国アーティストでは最速となる日本武道館公演のチケットが贈られた。最後に、「韓国からたくさんの芸能人が日本に来ています。グループでもなく、1人の僕に、果たしてできるだろうか、韓国との活動もあり、心配していました。でも、日本でデビューして感じたことは皆さんが一緒にいてくれる。(ファンの)皆さんと一緒のグループだと思いました。」と語り、会場からは感動と賞賛の大きな拍手は送られた。

「こうして日本に来られるのは、皆さんのおかげです。ドラマの撮影で当分の間は日本に来られませんが、いい作品を持って、また皆さんの前にご挨拶したいと思っています。ドラマが終わったらすぐに日本に来て活動したいと思うので、待っていてください!」と熱い想いを語った。イベント中、会場からは女性ファンの声援はもちろん、「ヒョン!(お兄さん)」と呼ぶ、小さい男の子の声や、女の子の可愛い応援の声も耳にするなど、幅広い年代から愛されるイ・スンギ。イベント終了後は「ファンの皆さんと直接触れ合いたい!」という彼の想いからサプライズでハイタッチ会の発表が。約2時間に及んだ、イベントはファンとの絆をさらに深めるまさに“プレミアイベント”となった。

6月の武道館公演に先駆け、4月18日には初となるベスト・アルバム『Lee Seung Gi-THE BEST-』の日韓で同時リリースも決定、『Tonight-Japan Special Edition-』も同時発売される。「どんどん上昇していく、という意味で父が付けてくれました。」と“スンギ”という名前の由来を語ったイ・スンギがその名のとおり、日本での人気も益々“上昇する”更なる活躍に今後は目が離せない。

2012.03.22

blank