ノ・ミヌ Global Peace with Music 2012~僕たちのKIZUNA~開催!

 

ドラマ『パスタ~恋が出来るまで~』『僕の彼女は九尾狐<クミホ>』で人気急上昇、最新ドラマ『フルハウス TAKE2』の撮影も始まっている俳優兼歌手のノ・ミヌが20日、東京・中野サンプラザにおいて「Global Peace with Music 2012~僕たちのKIZUNA~」東日本大震災1年追悼公演開催。

ノ・ミヌ
このイベントは、非営利法人「国連の友アジアパシフィック」が進行する東日本大震災被災者への支援活動に賛同しようと用意したもので、音楽のパフォーマンスに定評がある日本人の祖父をもつノ・ミヌが、震災から1年となる3月、音楽を通じて日本と自らを「絆~KIZUNA~」で繋いで、ジャンルを問わないさまざまな音楽性をファンの為に披露してくれた。

この日の朝5時半まで自ら作っていたというオープニングの映像が流れた後、真っ赤な衣装で登場したノ・ミヌに会場は一気にヒートアップ、ギターで「Crazy World」「We Rock」「Come On-Original」を3曲続けて、ノリノリで歌った。トークタイムではライブが始まったときは震えてる感じで、オレが頑張らないとと、流暢な日本語で話し、バナナ好きとして知られるノ・ミヌが、日本のファンからバナナとバナナの人形をたくさんもらったため、イベントのテーマを「nonanaランドの将軍になろうとした」という企画ですべて自身が手がけたと明かした。
ノ・ミヌ ノ・ミヌ
近況報告として撮影中のドラマ『フルハウス TAKE2』については、「イ・テイク。オレ様。アジアトップのアイドルグループのダンス歌手」と自身の役を紹介し、華麗なダンスシーンのVTRが流れるとアドリブで踊って見せ、会場からも大声援。「性格が、完ぺきだと思わないとずっと練習する。1カ月ほど練習をした。日本の小豆島での撮影も行なって日本のファンもたくさん応援しにきてくれた。夏頃日本でも放送予定。」と言うとファンからは大きな拍手が沸いた。そして中学の時に好きだったドラマのOST曲「I for You(by LUNASEA)」を歌い、一部が終了した。

ノ・ミヌ
二部は「Merry Christmas Mr.Lawrence」をピアノ演奏でスタートし、続いて「愛する人」新曲「春を迎えて」の2曲を披露した。そして会場のファン1名を選んで、ピアノで即興で作った曲を歌ってプレゼントするというノ・ミヌならではのファンサービスで、感動的なステージを見せた。「First Snow」「あなたなしでどうやって生きていくの?」と続けて熱唱した後、「国連の友アジアパシフィック」総長より感謝状を受け取った。そして自らデザインしたファッション小物販売などの募金活動も行われ、収益金の一部は被災地域に寄付される予定であると述べた。

「日本に何をしてあげれば力になれるかと思い、イベントを開催した。日本の人に希望を、僕のエネルギーをあげたかった。それで曲を作った。みんな一緒に幸せに生きましょう」とメッセージを伝え、「大切なあなたに」を披露し、会場ファンからも感動の拍手が送られた。

アンコールでは ドラム演奏で会場ファンとともに盛り上がり4曲を歌い上げ、音楽を通じて絆とパワーを与えてくれた感動のイベントで幕を閉じた。イベント終了後はファンとのハイタッチ会、写真撮影会、ハグ会と、ファンには忘れられないノ・ミヌとのふれあいで熱いひとときを過ごした。

今後放送される日中韓の3国共同制作として日本で制作発表された『フルハウス TAKE2』はノ・ミヌ演じるアジアの音楽スター、イ・テイク(TAKE)のハラハラドキドキする偽装結婚ストーリーで、ノ・ミヌの俳優としての活躍とドラマへの期待も大いに高まる。

ノ・ミヌ ノ・ミヌ

2012.03.21

blank