俳優ソ・イングク、イ・サンユン、チョ・ジョンソク、水木ドラマの選択が難しい

201609151628771725_57da4ed0e9370

新しい水木ドラマの戦争が始まる。「W」のイ・ジョンソクと「むやみに切なく」のキム・ウビンが去った空席を全く違った魅力のふたりの俳優が満たしてくれる見込みだ。視聴者の胸のときめきを高める俳優たちの襲撃が、どんな結果を迎えるかが今から注目される。

# . 「空港に行く道」イ・サンユン
イ・サンユンは、21日に初放送するKBS 2TVの新水木ドラマ「空港に行く道」で、建築学科の講師として、さわやかなビジュアルと人柄のソ・ドウを演じる。
このドラマは、人生の二度目の思春期を経験するふたりの男女を通じて共感と慰労、究極の愛を公開する感性的なメロドラマで、ソ・ドウは、どんなときにも先に相手を気配りする優しい人柄と、自身の仕事に対する情熱まで持った男で、いわゆる「完ぺきな男」だ。

製作サイドは、イ・サンユンとソ・ドウが完全に一体となっているという自信を持っている。イ・サンユンはこれまで様々な作品で紳士的なキャラクターをたくさん演じて、現実でもソフトなイメージで沢山の人に愛されている。
すっきりとした長身と優しいビジュアル、ソフトなほほ笑みに温かいまなざしと口調が与える信頼感は、イ・サンユンの俳優としての長所だ。特に、優れた表現力と相手役の女優の雰囲気をうまく作り出すイ・サンユンが、キム・ハヌルとどんな雰囲気を作り出してくれるのかに関心が集まっている。

# . 「ショッピング王ルイ」ソ・イングク
ソ・イングクも、21日に初放送されるMBCの新水木ドラマ「ショッピング王ルイ」で視聴者と対面する。「ショッピング王ルイ」は、複雑な消費の都市ソウルのど真ん中に表れた温室育ちの記憶喪失の男「ショッピング王ルイ」と、五台山の無知なムササビといわれるコ・ボクシルの波乱万丈のサバイバルロマンチックコメディーだ。
ソ・イングクの演じるルイは、事故で親を失い、ひとり残った孫がどうなるかと心配する祖母の過保護の中でさびしく育った温室の中の花のような男だ。しかし、どうしたことか、最近公開されたティーザーのソ・イングクは、よれよれのホームレスに変身して好奇心を刺激している。特にボクシル役のナム・ジヒョンの後ろをチョコチョコと付きまとう様子は、視聴者を笑わせるのに十分だった。

最近、OCNドラマ「38師機動隊」を成功させたソ・イングクは、このドラマで久しぶりにロマンチックコメディージャンルを演じるようになった。これまでとても多くのジャンルに出演して高いキャラクター消化力を公開したソ・イングクの今回のドラマへの帰還も期待を集めている。

# . 「嫉妬の化身」チョ・ジョンソク
自他共に認める生活演技の達人チョ・ジョンソクは、現在SBSの水木ドラマ「嫉妬の化身」で、記者イ・ファシン役に扮して想像を絶するコミックな演技を公開している。
このドラマは、愛と嫉妬のために崩れていく3人の男女のラブストーリーを扱い、イ・ファシンは3年間自分を片思いした気象キャスターのピョ・ナリ(コン・ヒョジン)が、自身の友達である財閥の御曹司コ・ジョンウォン(コ・ギョンピョ)にすっかり夢中になったために哀れなほどの嫉妬を見せている。

プライドが高く、本音を見せるどころか事あるごとにピョ・ナリを怒らせているが、このために発生するふたりのコミックな様子は視聴者を楽しませてくれる。既に「建築学概論」で沢山の人に愛されたチョ・ジョンソクは、イ・ファシンを通じてコミック演技の頂点を見せているという評価を受けている。
まだ、本格的なロマンスは始まっていないが、チョ・ジョンソクとコ・ギョンピョは、コン・ヒョジンを間に置いて熾烈な三角ロマンスを公開する予定だ。

2016.09.16

blank