『JUNO-YA!! ファンイベントVOL.2』開催! 新曲“Everything”を披露!

 

2011年8月『Fate』で日本デビュー、浜崎あゆみとのコラボも話題になった日本で活躍中の韓国アーティストJUNO(ジュノ)。
双子の弟にはJYJのジュンスがいる。187cmの高身長と野球選手時代に培った肉体美で表現する迫力のパフォーマンスと、無邪気な笑顔で多くを魅了し人気急上昇。2ndシングル「believe...~君を信じて~」は携帯TVドラマの主題歌に起用され、ドラマ内では本人役で出演、俳優業もスタート。2011年春の「Girls Award」では日本でモデルデビューも果たし、アーティストとして活躍する一方で俳優やモデルとしても活動し多彩な才能を見せているJUNOが2月12日(日)東京、赤坂BRITZにて『JUNO-YA!! ファンイベントVOL.2』を開催した。

JUNO
テーマカラーであるパープルのペンライトで埋め尽くされた会場にJUNOが姿を見せると、会場には大歓声が響き渡り、熱い歓迎を受けた。「皆さんこんにちは。JUNOです。」と挨拶すると客席のあちこちから「キャー!」という黄色い歓声が上がった。「今日は東京でのファンミーティングですけど、たくさんのファンの方が来てくれて本当に嬉しいです!」「ありがとうございます!ありがとうございます!」と感謝の言葉を連呼するJUNO。

 

「今日は一緒に盛り上がりましょう!」との呼びかけに「JUNO! ファイティーン!」と見事なウエーブで応えるファンたちとスタートから息はピッタリ。まずは昨年、北海道から沖縄まで日本全国11ヵ所に訪れた思い出を“JUNO-YA !!日本縦断すごろく!”と題し、サイコロを振って出た数で東京から沖縄までを目指すゲーム。
JUNO JUNO
出た目によってファンからの質問やプレゼント、罰ゲームもあるとうのでサイコロを振る手に自然に力が入るJUNO。サイコロの目が1を示し、東京へ。スクリーンに映しだされた映像は都内の温泉施設。「初めての温泉です」と浴衣姿で館内を散策、足湯に入りゴキゲンのJUNOに会場からは思わず「可愛い~」との声が。月島ではもんじゃ焼きにも挑戦、また罰ゲームではカメのモノマネを披露するなど、素顔のJUNOに触れファンは大喜び。続いて待望のライブ、オープニングを飾るのはデビュー曲“Fate”。

黒い衣装に身を包み、6人のダンサーを従えたダイナミックなダンスパフォーマンスでファンを魅了、続いてバラード曲“Cry”と「まだCDになっていない特別な曲です」と“with”の2曲をしっとり歌い上げると客席からは賞賛の拍手が送られた。“BadGirl”ではサビの部分をファンが一緒に歌い、JUNOとファンが一体となり、ライブを最高潮へと牽引した。また、3rdシングルのカップリング曲“Triangle Love”では黒いベストスーツに黒い帽子とファッショナブルな着こなしで登場、ステージでせつなく歌い、女性ダンサーとストーリー仕立てのダンスを披露するJUNOに会場はうっとり。
JUNO JUNO
エンディングで“すべての人に向けた応援ソング”として4月25日に発売される3rdシングル“Everything”を明るく軽快なテンポで届けると場内はひと足早く春が訪れたように温かい雰囲気に包まれた。会場に響き渡るアンコールの声に応え、新曲の白い衣装で再び登場したJUNO。「去年、僕はデビューし、イベントで日本全国に行き、皆さんに会えて、本当に幸せな1年でした。」と感慨深く語り、「本当に感謝します。ありがとうございます。」と頭を下げ、ファンへ感謝の心を込めて“I Love You”を熱唱。「これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。今日最後の曲になりますが、皆さんに心を込めて歌います。聞いてください。」と2ndシングル曲“believe...~君を信じて~”を披露し、大盛況でイベントを締めくくった。

ライブ終了後に行なわれたタッチ会では笑顔でファン一人、一人と触れ合い、小さい子供のファンにはその大きな身体を折り曲げ、優しく包み込むように接するJUNOの姿が印象的だった。トークはすべて日本語。その日本語の上達ぶりには目を見張るものがあり、歌に、ダンスにと努力を惜しまないJUNO。

3月14日には約9ヶ月間に及ぶ日本での活動を収録したファン必見のDVD『JUNO HISTORY VOL.1』が発売されるなど、JUNOの更なる活躍に期待が高まる。
写真提供:(C)avex
JUNO オフィシャルWEBサイト:http://juno-jp.net/index.html

2012.02.12

blank