イ・ジョンシン(CNBLUE)、「シンデレラと4人の騎士」で魅力発揮

CN

イ・ジョンシン(CNBLUE)がアーティスト的感性としなやかなマナーで、女性視聴者を魅了している。

20日に放送されたtvNドラマ「シンデレラと4人の騎士」第4話では、統制不可能な財閥3世カン・ジウン(チョン・イル)、ヒョンミン(アン・ジェヒョン)、ソウ(イ・ジョンシン)3兄弟を一つにするための最初のミッション「一緒にご飯を食べること」を成功させるため、ウン・ハウォン(パク・ソダム)の涙ぐましい奮闘が描かれた。

ソウはハヌル家で一緒に暮らしながら、ハウォンに冷たく振る舞ったり、いたずらするジウン、ヒョンミンとは違い、ハウォンを優しく気遣う一面を持っている。

ソウはハウォンにとっては、“足長おじさん”のような存在。今のところ、ソウの人生ストーリーが完全に公開されていないため、視聴者が彼の内面を全て理解できていないが、今まで見せた姿だけでも、すでに十分な魅了を感じている。イ・ジョンシンのイメージと自然な演技が影響を及ぼしているからだ。

ソフトで良い印象に、甘さを引き立てる口元や目のほほ笑み、プロミュージシャンとしてのパワフルなエネルギーは、イ・ジョンシンのために作られたキャラクターと感じられるほど、彼とそっくりなソウ。イ・ジョンシンがそんなキャラクターに自然に溶け込む演技を披露しており、さらに好感度を高めている。

WOW!korea提供

2016.08.21

blank