<KBS World開局10周年記念>もう一度観たい!KBS大ヒットドラマ特集第7弾はオム・テウン×イ・ジュニョク主演の残酷な復讐劇「赤道の男」9月5日スタート!

★赤道の男1 メイン≪KBS World開局10周年記念~もう一度観たい!KBS大ヒットドラマ特集≫第7弾はオム・テウン×イ・ジュニョク主演の残酷な復讐劇。

赤道の男
2016年9月5日(月)スタート
本放送【月~金】18:45~20:00

赤道の男52012年 全20話

演出:キム・ヨンス、ハン・サンウ 脚本:キム・イニョン
出演:オム・テウン、イ・ボヨン、イ・ジュニョク、イ・ヒョヌ、イム・シワン(ZE:A)、イム・ジョンウン他

赤道の男2

見どころ
*≪KBS World開局10周年記念~もう一度観たい!KBS大ヒットドラマ特集≫第7弾は「太陽の女」の脚本家キム・イニョンが贈る衝撃的で残酷な復讐劇。
*「復活」「魔王」と3度目の復讐劇を演じるオム・テウン×「青い鳥の家」のイ・ジュニョクが熱演!
*「花ざかりの君たちへ」のイ・ヒョヌ、ZE:Aのイム・シワンなど豪華若手俳優が学生時代を演じる!

赤道の男赤道の男 (2)

あらすじ
喧嘩の強いキム・ソヌと学校一の秀才イ・ジャンイル。真逆な性格の2人だったが、お互いに信頼を寄せ、唯一無二の親友だった。しかしその友情を一転させる、ある事件が…。ソヌの父親が首つり死体で発見されたのだ。自分の父親が共謀していることを知ったジャンイルは、警察に再捜査の陳情書を提出すると言うソヌを止めるため、崖から突き落としてしまうのだった。親友として、苦楽をともに歩くはずだった2人。大きく崩れ落ちた運命は、復讐と罪悪、嫉妬と愛を重ねて次々と歯車を狂わせていく。壮絶な復讐劇の中にある、奥深い人間のドラマが、かつてない感動を呼び起こす。ソヌとジャンイル、2人が歩みゆく先は、果たして―!?

real05_8

登場人物

赤道の男8キム・ソヌ役(オム・テウン)
(学生時代 - イ・ヒョヌ)
ロイヤルツリー投資信託社長、孤独だが暖かい男。
釜山最強の硬派でトラブルメーカーの問題児だったが、優等生のジャンイルと親しくなって夢を抱くようになる。父を自殺に偽装した謎の事件を暴き、生と死の境目から帰還したが、視力を失ってしまう。視覚障害者になったソヌは福祉館で一生忘れることのできない初恋の人ジウォンに出会い恋に落ちるが、ある事件をきっかけに別れることになってしまう。すべての希望を捨てて自殺を決心した瞬間、実父のように慕うムン・テジュが現れアメリカに連れていくが…。

 

赤道の男7ハン・ジウォン役(イ・ボヨン)
(学生時代 - ギョン・スジン)
特級ホテルのVIP担当の宴会マネジャー。
中堅企業の社長の娘として何不自由なく育ったが、家が破たんして一家の大黒柱に転落する。日の当る場所で光を浴びて育ったので、ひねくれたところがなく明るい性格の持ち主。3人兄弟の長女としてたくましい生活力を発揮し、数多くのアルバイトを転々として学費とお小遣を稼ぐ。視覚障害者に本を読んであげるアルバイトでソヌに出会って恋に落ちる。すべてを捨ててソヌのために生きようと決心したが、ソヌが離れていってしまう。そんな彼を恨むが…。

 

赤道の男6real05_7イ・ジャンイル役(イ・ジュニョク)
(学生時代 - イム・シワン(ZE:A))
ソウル地検のスター検事。理性的な性格の持ち主。
全校1位の成績をのがしたことがない田舎の秀才ジャンイルは、昇進欲は強いが身動きできない状況にもどかしさを感じる。息が詰まるような生活を耐えることができるのは、友人ソヌがそばにいたからだ。チン・ノシク会長の思いがけない提案で、ソウル大法科に進学することになって人生に希望が見えるが共に試練も訪れる。父からギョンピルの死にまつわる衝撃的な事実を伝えられる。父と自分自身を守るために、一心同体の友人ソヌを裏切り、一人で秘密を抱えるようになる。

 

チェ・スミ役(イム・ジョンウン)
(学生時代 - パク・セヨン)
アーティスト。極写実主義の画家。
町のニセ男巫の娘で母の顔は覚えていない、絵の才能には優れているがいつも孤独を感じている。誰も男巫の娘とは交流しようとはしないが、唯一話しかけてくれる人が友人ソヌだった。寂しがり屋で誰かを愛する心が異常に強い。ジャンイルに対する愛と執着で、彼を独占するためにソヌを裏切り、後でジャンイルの秘密を利用して彼を縛り付ける機会をうかがう。

 

©KBS
【KBS Worldチャンネル情報】
韓国専門総合エンターテイメントチャンネル
<KBS World>
スカパー!、全国のケーブルTVほかで視聴可能
KBS World視聴者相談室 TEL:03-6426-1784
KBS World HP http://www.kbsworld.ne.jp/
KBS World公式Twitter @KBSJAPAN
KBS World公式LINE@ @kbsworld

2016.08.28

blank