俳優イ・ジュンギ、ドラマで激しい眼差しの王子に扮する

article (1)

俳優イ・ジュンギが激しい眼差しを披露した。
SBSの新月火ドラマ 「月の恋人-歩歩驚心:麗」(邦題「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」)サイドは9日、ワンソ役を演じるイ・ジュンギのモーションポスターを公開した。
モーションポスターのワンソは、「今から覚悟しろ。お前を絶対に逃さない」というキャプションと強烈な眼差しを見せている。

イ・ジュンギは「月の恋人」で、太祖王健の4番目の息子で後の高麗第4代の皇帝光宗になるワンソ役を演じる。ワンソは、荒々しい男らしさと母性愛を刺激するような魅力を同時に兼ね備えた人物だ。また、片方の頬にある傷を隠すための仮面と冷たい眼差し、借りは必ず返すという執拗さで高麗人から「犬狼」と呼ばれている。
ワンソに近付いたヘス(イ・ジウン:IUの本名)との出会いは、彼の運命を変えるようになる。ただ荒々しいだけだったワンソが、たったひとりの女性を愛する男に生まれ変わる。そして、これを通じて王権争いに本格的に跳びこむようになる。

製作社サイドは、「ワンソは、顔の傷だけでなく親から受けることができなった愛のせいで胸の奥深くにも傷を持っている。荒い気性とは正反対の母性愛を刺激する魅力との複合的な内面が、イ・ジュンギの演技とキム・ギュテ監督の感性によって具現化されるだろう」と明らかにした。
ドラマ「月の恋人」は、29日午後10時から韓国で放送が開始される。

2016.08.12

blank