JYJジュンスの「ドリアン・グレイ」、開幕前にプレビュー公演で見る

article

JYJキム・ジュンス主演ミュージカル「ドリアン・グレイ」が、プレビュー公演を決定した。
製作社 C-JeSカルチャーは10日、「『ドリアン・グレイ』は、創作初演作なので公演の幕が上がるまでナンバーやストーリー、舞台装置など作品に関する様々な情報の公開が難しい点を想定して、プレビュー公演を準備中だ。事前情報がない状態でも、公演を選択してくださった観客の皆さんに感謝して、本公演に先立って30%割り引きされた価格で作品を見ることができるプレビュー公演を行うことに決定した」と伝えた。

またC-JeSカルチャーは、「ドリアン・グレイ」のプレビュー公演を含む10月1日から10月15日までの18回の公演の2次チケットの前売りを18日に開始する。
現在「ドリアン・グレイ」は、販売された1次チケットだけでも現在公演中の人気のある海外ライセンス作品のチケット販売シェアをはるかに上回る水準で販売されるなど、創作ミュージカルとしては驚くべき歩みをしている。特に「ドリアン・グレイ」の公演場が、ほかの作品のようにソウル市内ではない京畿道城南(キョンギド・ソンナム)という点を考えたとき、このような数値はいっそう意味のある記録だ。

マーケティング関係者は、「『ドリアン・グレイ』が、創作初演にもかかわらず大きな関心を受けているのは、抜きん出たチケットパワーを持つキム・ジュンスの力が大きい。彼は、「世宗文化会館」、「芸術の殿堂オペラ劇場」に続いて「城南アートセンター」と、大劇場をいっぱいにした唯一の俳優だからだ。2014年のミュージカル「フランケンシュタイン」以来、2年ぶりに韓国俳優とスタッフの力だけで作り出す創作ミュージカルの登場という点でも多くの方から応援をいただいている」と言った。

「ドリアン・グレイ」は、キム・ジュンスのほかに、さわやかな歌唱力と深い感情表現で公演のヒットメーカー・パク・ウンテ、幅広い演技のスペクトラムで独自の存在感を発揮するチェ・ジェウンなど、実力派俳優の出演で関心を集めている。

2016.08.10

blank