「SEVENTEEN」ミンギュ、腰の負傷でコンサートの一部ステージには不参加へ

「SEVENTEEN」ミンギュ、腰の負傷でコンサートの一部ステージには不参加へ

韓国ボーイズグループ「SEVENTEEN」メンバーのミンギュが腰を負傷し、今後のスケジュールで一部参加できなくなったことがわかった。

3日午後、所属事務所のプレディスエンターテイメント関係者は「ミンギュが腰を負傷し、今後のスケジュールで一部参加できなくなった」と明らかにした。

関係者は「ミンギュのケガは深刻ではないが、まずは休みを取らなければならない。良くなってきているが、状況を見守る必要がある」とし、「ファンに心配をかけて申し訳ない。元気に戻って来られるよう、最善を尽くす」と述べた。

これに関してミンギュ本人が、「SEVENTEEN」公式Twitterにコメントした。

「こんにちは。ミンギュです。コメントするかしないか迷っていたんですが、すごく心配してくださったので。申し訳なく、待ってくださったファンの方々にも、メンバーにも、害を与えてしまって悔しくもあります」とし、「ちょっと痛めたんですが、僕は大丈夫だと思ったのですが、事務所で今後を考えるよう言われ、メンバーも配慮してくれて、コンサートは一緒に出ますが、振付が激しい何曲かのステージは抜けようかと思います」と説明した。

続けて「ずっと待っていたステージなのに、本当に申し訳なく、どうしてもっと気を付けなかったのかと後悔もしています。早く治してきちんとしたステージをお見せします。心配かけてごめんなさい」と綴った。

また所属事務所は、「SEVENTEEN」公式ホームページでファンに知らせた。

プレディスエンターテイメントは、「今月2日、ミンギュが仕事中にケガをして現在病院で治療を受け、休みを取っています」とし、「それにより今後、コンサート及びファンミーティングの一部のステージは参加できなくなりました」と伝えた。

また「日本で開催される初のコンサートであり、ミンギュは全てのステージに参加したいという意志を見せていますが、ここで無理すると今後の活動に支障が出ると判断し、事務所内部で議論の末、最終的に出した決定ですので、ファンの皆さんにご理解いただき、ミンギュが回復できるよう激励をお願いします」と説明した。

WOW!korea提供

2016.08.04

blank