俳優イ・ジョンソク「W」で雨降る街を徘徊…マンガから飛び出してきたイケメン

イ・ジョンソク
「W」に出演中のイ・ジョンソクが雨降る街を徘徊するスチールカットが公開され、世間の注目を集めた。

MBC水木ドラマ「W」(ソン・チェジョン脚本/ チョン・デユン演出)側は、3日5話の放送を前にしてカンチョル(イ・ジョンソク)のハイライトシーンを公開した。

まず、カンチョルが雨に打たれながら道路の真ん中に立っているカットは心配をかき立てる。放送された4話で自分がウェブ漫画の中の人物であることを知ったカンチョルは、自分以外のすべてが停止した状況に直面することとなった。そして自分に向かって光を放つ未知のフレームを通って違う世界へとジャンプして、次話への期待感を高めた。

このような状況で、カンチョルの姿はウェブ漫画の世界から現実の世界へ初めてドッキングした真の “マンッチンナム(漫画から飛び出してきた男)” であるカンチョルの浮世離れぶりを表して目線を引きつける。特に、カンチョル役のイ・ジョンソクは、ウェブ漫画「W」の中の“ワナビー理想のタイプ”を完璧に表現して一層高まったシンクロ率を見せつけ、“リアルマンッチンナム”の魅力で女心をくすぐる。

もうひとつの写真は書店でのカンチョルの姿で、こちらも心配をかき立てられる。無数に積まれている本を背にしたまま意味深長な表情を浮かべており、これからの展開への期待を集める。

「W」制作陣は、「イ・ジョンソクはまさに“マンッチンナム”を見せてくれながら、『イ・ジョンソク=カンチョル』という公式を成立させている。自分が読んでいる漫画の主人公が飛び出して来た時の驚きをあてはめて5話を見ることも重要なポイントになるだろう」と述べ、「カンチョルが現実世界へと入り込んで、驚くべき新たな第2幕が始まる」と知らせた。

2016.08.03

blank