防弾少年団、こんなにのんきでもいいの?「スウェーデン旅行記」

사본 -201607262210775130_57976a47705d601              写真字幕1 1次、ジミン。2次、RAP MONSTER。3次、V。
              写真字幕2 V:僕ひとりはぐれてしまいました、今。
              写真字幕3 RAP MONSTER:Vは、イケメンで親切だからみんなよくしてくれるはずだ
              写真字幕4 ダンスの神、ダンスの王
              写真字幕5 ベルゲンよりずっと暖かいスウェーデンの気候
              写真字幕6 ここをソウルの江南区論峴洞(カンナムク・ノニョンドン)程度に考えているV

 

どんな状況でも天下太平だ。スウェーデンに旅先を移した防弾少年団の余裕あふれる様子が視聴者を大爆笑させた。

防弾少年団は26日、NAVER Vアプリを通じて放送された「BTS BON VOYAGE」の第4話でスウェーデンを訪ねた。

第1話からスーツケースをバスに置き忘れるというミスをしたジミンは、この日もスーツケースの管理に失敗して爆笑を誘った。スウェーデンに向かう空港でスーツケースを置き忘れて搭乗手続きをしたジミンだった。スタッフはストックホルムの中央駅でのダンスパレードを提案し、ジミンがこれを受け入れて取り引きが成立した。それでストックホルムに到着したジミンは、堂々と1分30秒の間ダンスを公開した。

この日の放送は、防弾少年団のメンバーがふたりずつのチームに別れて宿舎まで無事に到着するというミッションで始まった。RAP MONSTERとSUGA、ジョングクとJ-HOPE、ジミンとジンのチームに別れた。Vは飛行機が遅れたために別行動をした。

RAP MONSTERとSUGAは、曜日の割り引きまでもらって安く移動するのに成功した。ふたりは、「うちのエースじゃないですか簡単すぎて僕らのカットがなくなりそうです」と冗談を言った。その結果、RAP MONSTERとSUGAは宿舎に1番に到着した。

また、メンバーの心配を一身に受けたジョングクとJ-HOPEは、意外にも宿舎に2番目に到着した。 ひたすら歩き続けてスウェーデンの景色を満喫する彼らの姿は視聴者をたっぷりヒーリングさせてくれた。バスのせいで苦労したジンとジミンも無事に到着した。彼らは中間で手作りバーガーの店に入って食事まで終えるほどに余裕があった。

しかし、最高に余裕があったのは、飛行機が遅くなって遅れて到着したVだった。宿舎までたったひとりで一般交通に乗って移動しなければならなかった彼は、待ちくたびれたのか何でもいいと目についたバスに乗り込んだ。しかし、これは冒険の始まりだった。バスはとんでもない所に向かったのだ。しかし、そんな状況でもVは携帯電話でしきりに風景を撮影しながら旅行を満喫した。

残りのメンバーは、宿舎でシャワーを浴びておしゃれをして市内観光に出かけた。彼らは、現地人の素敵なビジュアルを羨むなど普通の若者のような様子も見せた。特にRAP MONSTERとSUGAは、久しぶりに自分でヘアのスタイリングをした。

観光を終えたメンバーが、韓国料理の食堂で夕飯を食べようとする間もVはまだ迷っていた。しかし彼は、最後まで余裕を失わなかった。彼は突然道端で立ち止まってタンポポの種を吹き飛ばしたりしながら、「何か起こるはずないでしょう」と言って天下太平な様子を見せた。

紆余曲折のあげくにVはメンバーと再会したが、また別の試練が間っていた。RAP MONSTERのパスポートがなくなったというのだ。どたばたの防弾少年団のスウェーデン旅行は無事に終わることができるのか。

2016.07.27

blank