「PHOTO@富川市」俳優チャン・グンソク、監督としてファンと初の出会い

201607261654776138_5797176eb708e

26日午後、京畿道富川(プチョン)市富川市役所で行なわれた映画「偉大な遺産」の観客との対話でチャン・グンソク監督が感想を語っている。

「第20回富川国際ファンタスティック映画祭(BIFAN)」の短編傑作で上映作に選定された「偉大な遺産」は、チャン・グンソクが現在在学中の漢陽(ハニャン)大学大学院の学友と、去年下半期に製作した作品だ。チャン・グンソクが、俳優ではなく監督として大衆の前に立つのは今回が初めてだ。

201607261642776678_57971569d2ce8201607261704778814_579719fd2d73c201607261639770172_5797141779480201607261639779754_579713bd15349201607261641770070_5797147b8282f201607261655775255_579717dbd9523201607261636773397_5797131cb382a201607261702778424_5797192f41617201607261637770523_57971360eb358 201607261650770178_579716c037fb1 201607261646779925_5797162d46fe4

映画「偉大な遺産」は、通帳だけを残して意識を失った父親と父親よりも通帳にもっと執着する無情な息子のストーリーを描いた作品だ。

201607261706775437_57971a5fec8ad 201607261702776735_579719a9a8649201607261652773423_57971735731e6201607261706775437_57971a5fec8ad

2016.07.26

blank