チャン・グンソクが全国ツア-ファイナル、来日記者会見開催!

 

韓国ドラマ『美男(イケメン)ですね』で主演をつとめ人気急上昇中の俳優チャン・グンソクが11月27日(土)パシフィコ横浜国立大ホールにて『JAPAN TOUR 2010“Where is Your Star? ”』のファイナル公演を開催した。

福岡、札幌、神戸に続き、ツアーファイナルとなる横浜公演は昼夜の2公演と単独では初となる31箇所36スクリーンで同時中継を合わせファン2万人を動員し注目を集めている。

公演の合間に行われた会見には多くの報道陣が集まり、大きな拍手に迎えられ、笑顔で登場したチャン・グンソクは「こんにちは。韓国から来た俳優チャン・グンソクです。お会いできて嬉しいです」と丁寧に挨拶した。

チャン・グンソク

ジャパンツアー開催の経緯として「ドラマ『美男(イケメン)ですね』で僕の事は日本の皆さんにはたくさん知って頂きましたがその感動の熱が冷めないうちに、ファン・テギョンではない“チャン・グンソク”を舞台でお見せしたいと思いました。」と述べ、現在週4日はドラマ『メリーは外泊中』の撮影がある為、スケジュール的に難しいと会社側からツアー中止の話もあったが、彼自身の強い希望で実現したことも明かした。

神戸公演も当日の朝まで撮影があり今週だけでも3回の点滴を受けたというチャン・グンソクに体調を尋ねると「今はパーフェクトです!」と即答し、若さをアピールした。

現在撮影中のドラマ『メリーは外泊中』については「キャラクターの設定上、お酒に酔っているシーンが多いのでお酒を飲んで撮影したことがあり、寒がりの僕はホッカイロを張っていたことを忘れてそのまま寝てしまい火傷しそうになりました。」とエピソードを披露した。

幅広い層のファンをもつチャン・グンソクは男性ファンに対して「男性ファンの応援は大きな力になります。でも結婚するときは女性としたいですね(笑)。男性ファンの方悲しまないでくださ~い。」とユーモア交じえて答え、会場の笑いを誘った。

またドラマ『美男(イケメン)ですね』の共演者の話にも触れ「シネさんとホンギさんとは今でも連絡を取り合い交流しています」とし、「でもヨンファさんが携帯を持っていないので直接連絡がとれないんです(笑)」と仲の良さを見せた。

 

チャン・グンソク

 

日本語や英語も堪能な彼に日本の作品への出演を問うと「他の国での出演には前向きな気持ちで検討しています。自分が演じたいキャラクターなら国は問わないですね。楽しい台本ならどこででも演技をしたいです」とし、俳優チャン・グンソクを感じさせた。 来年の抱負については「機会があればアジアツアーをしてまだ行ったことのない国にも行き、挨拶したいし、ジャパンツアーも今年以上に楽しいステージにする為に準備したいです。」と述べ、「アジアツアー、ジャパンツアーを通して思った事はキャラクターや作品の歌ではなく、僕だけの歌、“チャングンソクの歌”を歌ってみたいです」と今後挑戦したいことについても力強く語った。 最後に「ファンの皆さんには昼公演の時に本当に大きな感動を受けました。サプライズで客席まで降りたがファンの方たちが礼儀正しく拍手で迎えてくれたのでふれあう事ができて本当に嬉しかったです」とし、「これからも道を開け拍手で迎えてくれるならば、日本の皆さんと同じ目の高さで一緒に過ごせるようベストを尽くしたいと思います」と熱いメッセージを届けた。 俳優、歌手、DJとして活躍するチャン・グンソクは自身でプロデュースしたジャパンツアーが大成功した今、まさにワールドスター・チャン・グンソクとしての更なる飛躍を見せることだろう。 *主催:㈱フラウ・インターナショナル http://www.frau-inter.co.jp

2010.12.07