「『トリプル』放送記念 イ・ジョンジェ ファンミーティング2010」記者会見開催!

11月18日、東京国際フォーラムでの「J:COM × LaLa TV『トリプル』放送記念 イ・ジョンジェ ファンミーティング2010」開催に先立ち、記者会見が行われた。

おしゃれなイ・ジョンジェらしくダブルのグレースーツで颯爽と登場すると、「記者の皆さま。本日はお越しくださり、本当にどうもありがとうございます。私の出演しているドラマや映画は、ほとんどの作品が日本で公開されたり放送されているようです。ですので、このようにたくさんのみなさんにお会いできてとても感謝しています」と笑顔で挨拶した。

イ・ジョンジェ

Q.今日、この後にファンミーティングを控えた今のお気持ちは?

「本当は1年に1度はみなさんにこのようにお会いしたいのに、今回は久しぶりのファンミーティングということになってしまいました。日本でのファンミーティングは、私にとっては2度目となります。いつもたくさんのファンの方が喜んでくださり、そして私のことを応援して下さって、感謝しています」。

 

Q.LaLaTVでの「トリプル」の放送を記念してと言うことですが、見どころを教えてください。

「この「トリプル」は人間関係に関する話を中心に展開されていくドラマです。兄と妹という兄妹愛を扱った部分や、友達の奥さんを好きになってしまうそういう愛も展開されています。それから友達でもあり会社の同僚でもある二人が愛し合うという愛の話もあります。そうした愛を中心に扱ったストーリーとなっています。そうして絡み合った人間関係を中心にご覧いただきますと楽しいと思います」。

 

Q.「トリプル」で演じたファル(役名)と自分が似ている点、また違う点。そして演じていて難しかった点があれば教えてください。

「やはりこのファルという人物と自分とは似ているところが多いと思います。ドラマをご覧いただければわかると思うのですが、ファルというキャラクターは友達とも非常に仲良く過ごして、活発な部分があるわけですが、でも愛に関しては少し頑固な一面もあると思います。そんな部分が似ていると思います」。 「そして撮影中に大変だったことは、あのドラマは夏に撮影をしていたのですが、あの時ソウルは本当に猛暑で、そして野外での撮影もありましたので、肉体的にそういうところが大変でした。スタッフも俳優も大変な思いをしました」。

 

Q.日本のファンに向けてメッセージを

「やはりファンの方へのメッセージということになると『いつもありがとうございます』という、この一言に尽きると思います。私が何をしていても、何の活動をしていても、いつも私に関心を持ってくださって、そして韓国で例えば映画が公開されたり、何かイベントがある時でも常に関心を持って、励ましてくださっています。中には直接韓国まで来て下さる方もいらっしゃいます。そうした方々も含めて、本当にファンの皆さん全員に感謝を伝えたいです」。

 

イ・ジョンジェ イ・ジョンジェ イ・ジョンジェ

Q.最近韓流スターの方が結構どんどん結婚していくと思うのですが、そろそろ…というお考えはありませんか?

「うははは・・・」(その質問きましたねー)と言わんばかりに苦笑い?をするイ・ジョンジェ。「あ~…」と、今までのトーンとちがって、ざっくばらんな雰囲気になり、気軽にこたえてくれた。 「やはり彼女がいれば、結婚したいなと思う時がたまにあるかもしれません。なぜかというとやはり一緒に横にいてくれるといいな、と思うからです。でもやはり今は彼女がいないので、結婚したいという気持ちはやはりないですね。もちろん、私の母や周りの人々は『もう歳なんだから早く結婚しなさい』と言うのですが、歳だからと言って早く結婚しなければならないという気持ちは自分にはありません。いい人がいれば、そして結婚したいなという感情が、いつ湧き起るかわからないのですが、そういう時が来たら結婚するかもしれませんが、今はその気持ちはありません」。

イ・ジョンジェ イ・ジョンジェ

Q「トリプル」の中の役では、元の奥さんが裏切っても、帰ってくるのを待っていますが、ジョンジェさん自身の女性観として、すごく愛してた人に裏切られても、受け入れられますか?

イ・ジョンジェは、質問を聞いている間も困った顔をして悩みながらも笑って、 「率直に言いますと、昔はそんなことはあり得ないと思っていました。でも何の映画かちょっと思い出せないのですが、今の質問と似たようなストーリーがありました。女性が男性のもとから去って行って、別の男性と付き合ったのですが、またもとの男性のところに戻ってくるというストーリーだったのですが、その男性はその女性のことを受け入れていたのですね。昔だったらそういう状況がまったく理解できなかったと思いますが、その映画を観た時に『ああ、理解できるかもな』と思いました。二人が好きならまあいいんじゃないかなと思いました。最近ならそういうこともあるかもしれないと思います」。

イ・ジョンジェ イ・ジョンジェ

Q.今後の仕事の予定を教えてください。

「最近はいくつかの作品をいろいろ拝見してまして、ひとつを選ぶ直前という状況にあります。でも、自分の心の中ではまだ選択ができていませんので、年末までもう少し考えたいと思っています」。

 

会見後のフォトセションではは、カメラマンの「投げキッスをしてください
!」というリクエストにも気軽にこたえ何度も投げキッスをしてくれたイ・ジョンジェ。

会見前には会見準備中の部屋をちらりとのぞいて通り過ぎたり、会見前に進行説明を聞く記者やカメラマンに交ざって会見会場の後方に立っていたりと、いたずらな顔をのぞかせる一面も。

大人の余裕といたずらな少年ぽさの両方を感じさせるイ・ジョンジェ。久々のファンとの再会を心から楽しみにしている様子がうかがえた。

2010.11.26

blank