女優パク・シネ、「雰囲気の妖精」が息を合わせた4人の男たち

201607181506778869_578c737900e36

俳優パク・シネのまた別の名前は「雰囲気の妖精」だ。出演する作品ごとに相手の俳優と完ぺきな演技を誇るパク・シネだからこのようなニックネームがつけられた。現在出演中のSBSの月火ドラマ「ドクターズ」も同じだった。キム・レウォン、ユン・ギュンサンはもちろんキム・ヨンエ、ムン・ジイン、甚だしくはペットのサンチュまで、一緒にいれば嬉しくなる雰囲気を誇る。

そこで、過去、パク・シネと一緒に共演して視聴者の胸のときめきを引き上げた男優4人を挙げて見た。

201607181506778869_578c73798e839

#. 「美男<イケメン>ですね」チャン・グンソク

パク・シネとチャン・グンソクは、2009年に放送されたSBSの「美男<イケメン>ですね」で、それぞれコ・ミナムとファン・テギョン役で共演した。このドラマでパク・シネは、男装の女性を演じ、チャン・グンソクは気難しいが魅力にあふれたアイドル歌手ファン・テギョンに扮して視聴者の愛を沢山受けた。このドラマは、チャン・グンソクとパク・シネを韓流スターに導く最大の功労を収めた。

201607181506778869_578c737ab62e5

#. 「相続者たち」イ・ミンホ

2013年に放送されたSBSのドラマ「相続者たち」でパク・シネは、イ・ミンホと切ないロマンスを演じた。大韓民国の上位1%に属する財閥の家系に育った10代の高校生というコンセプトで、チャ・ウンサン(パク・シネ)とキム・タン(イ・ミンホ)は胸が痛むような切ないロマンスを誕生させた。タンがウンサンにたずねた「僕が、お前を好きなのか?」というセリフは、今でも忘れることができない名セリフに数えられている。

201607181506778869_578c737bc4b44

#. 「ピノキオ」イ・ジョンソク

2015年には、SBSのドラマ「ピノキオ」に出演し、イ・ジョンソクと記者に変身した。チェ・ダルポ(イ・ジョンソク)とチェ・イナ(パク・シネ)は、一滴の血も混ざってはいなかったが、複雑な事情から叔父と姪の間柄だった。そして、ふたりはライバル社に就職したためにライバル関係にならざるを得ず、それでもふたりはお互いに対する切ない思いを隠すことができなかった。ここでパク・シネとイ・ジョンソクが見せた演技は想像以上だったが、このために恋愛説が出たりした。

201607181506778869_578c737cf332e

#. 「ドクターズ」キム・レウォン

現在視聴率20%を目前にしている「ドクターズ」で、キム・レウォンとパク・シネは13年ぶりに再会した師弟関係であり、医者の先輩と後輩として熱演している。ホン・ジホン(キム・レウォン)は、絶えずユ・ヘジョン(パク・シネ)の閉ざされた心の門をたたき、世の中と人にたして壁を作ったユ・ヘジョンは、少しずつホン・ジホンに近付こうとしている。ふたりの直進のロマンスは、まるで童話のように穏かで温かい。

2016.07.23

blank