防弾少年団、ファンもだまされるほどの完ぺきな演技

사본 -201607200026775082_578e481004eda01

やはり、プロのアイドルらしい活躍だった。ノルウェーに向かった防弾少年団が、輝くような演技の隠しカメラで皆をだましたのだ。
防弾少年団は、19日にNAVER Vアプリ「BON VOYAGE EP3. 野を越え山越え右往左往ツアー」での旅行中に隠しカメラを試みた。特にA.R.M.Y(防弾少年団の公式ファンクラブ)までだましたVとジンの鮮やかな演技が素晴らしかった。

ノルウェーに向かった防弾少年団は、美しい風景やおいしい食べ物など全てに感嘆した。十分な予算もなく疲労が伴いはしたが、メンバーと一緒なのでいつも笑いが絶えなかった。
食べ物が不足なら分けて食べ、買いたいものがあればメンバーの兄さんに愛嬌を使って買ってもらった。それこそ「豆一粒でも分けて食べる」防弾少年団の旅行は、メンバー間の固い友情のおかげでいっそう輝いた。

だからこそ、彼らの隠しカメラはもっと効果的だった。実際にも兄弟のようにあまりにも仲が良かったせいで、けんかする様子ももっとリアルだった。

201607200026775082_578e4811f328a

隠しカメラの開始はこうだった。Vがベンチに置いたカバンを失くしてメンバーはとても驚いたが、すぐにスタッフがカバンを持っているということを知ってそのまま隠しカメラ作戦に突入した。しかし、意外だったのはVがこの事実を全て知っていたとということだ。

「僕の目がただ大きいのではなくて、メンバーが何をするのか全部見えます」と言ってスタッフに向かって目をきらきらさせたVは、「逆隠しカメラ」をスタートした。隠しカメラをしようと説得するジンに突然「腹が立つなあ」と怒り出し、ジンも「じゃあ、家に帰るんだな」と受けてたって、一瞬にして雰囲気が殺伐とした。
しかし結局、かばんを持って何事もなかったように帰って来たVの様子を見たメンバーが笑い出し、また雰囲気は以前のように楽しくなった。

何といってもこの日、輝くような演技力をアピールしたVとジンの活躍のおかげで隠しカメラの余韻も長続きした。特にVは、今年の下半期にKBS 2TVのドラマ「花郎(ファラン):ザ・ビギニング」を通じて始めて俳優への変身を予告したが、これに対する期待を最高に引き上げた。
そして美しい風景とお茶目さがあふれるメンバーの様子が、ファンから良い反応を得ている防弾少年団の「BON VOYAGE」は今後も続く予定だ。果して次はどんな魅力で再度、彼らの真価を発揮するかに期待が集められている。

2016.07.20

blank