日韓 Charity Premium Presents 「韓流Music Festival 2010」記者会見に大国男児、Sister、2AMが登場!

 

2008年よりスタートし3年目を迎えた「韓流Music Festival」。NPO法人日韓文化交流会が“アジア貧困地域子供教育支援”GFSC(GoodFriend!SaveTheChild)チャリティーのために毎年9月に韓国で人気・実力ともにNo.1のアーティストを招いて行っているコンサートだ。

今回は、現在、韓国で人気絶頂であり日本でも最も注目されている、実力・人気ともにトップアーティスト「2AM」「大国男児(だいこくだんじ)」「Sister(シスター)」の3組が集結するスペシャルイベントとなった。 開演に先立ち会見が行われ、イベントへの意気込み等を聞いた。

 

まず最初に登場したのは平均年齢18歳の5人組美少年グループ・大国男児(だいこくだんじ)。

左から Hyu Min ,InJun ,Jay ,KaRam,MiKa

大国男児

スタイルの良さを活かしたスタイリッシュな黒の衣装に身を包み、トップバッターのせいか、ちょっと緊張した面持ちで現れたが、(日本語で)「イチ・ニー・サン!初めまして!僕たちは大国男児です!」と元気に挨拶。

 

Q.会見後に控えているコンサートへの意気込みを聞かせてください

「先日札幌でも公演を行ってきましたが、本当に皆さんから大きな声援、応援をいただきました。本当にありがとうございました。今日も先日の公演に負けないように精一杯につとめたいと思います」(リーダー・ミカ)

 

Q.日本ではK-POPがとても流行っていて、たくさんのアーティストが来日していますが、大国男児さんの魅力は?

「まずは、歌手の本質である歌をしっかり歌っていきたいと思いますし、また同時にダンスパフォーマンスも皆さんにお見せして、常にステージの上では、ライブを皆さんに存分に楽しんでいただけるよう頑張っていきたいと思っています。」(カラム)

 

Q.BSジャパンで10月から新番組に生放送でレギュラー出演されることが決まりましたが、意気込みは?

(日本語で)「本当に嬉しいですね(笑)!」(Jay) (日本語)「胸がドキドキしています。」(インジュン) (日本語)「僕たちは本当に嬉しいです。頑張ります!」(カラム) (日本語)「頑張りますので、ヒットしてくれるといいです!」(ミカ) (日本語)「胸がいっぱい!」(ヒョンミン) と全員が日本語でこたえて、これから日本でも活動していくという熱意をのぞかせた。

大国男児 大国男児

Q.今後の日本と韓国での具体的な活動は?日本語がお上手ですが、勉強しているのですか?

(日本語で)「日本語の勉強は本当に難しい」、「いつも日本語の勉強は頑張ってしています。これから皆さんに本当に様々な姿をお見せできるように今は専ら準備をしている途中です。これから先、日本の皆さんに様々な姿をお見せできるようこれからも努力を重ねていきたいと思います」(ミカ) (日本語)「日本語の勉強を1か月前に始めました。だから、まだまだですね…。」(カラム) (日本語)「ガンバッテイマス!」(ヒョンミン) 最後は全員で元気に「お疲れさまでした!!」と礼儀正しく挨拶をしてその場から退場していった。年齢の割に話すこともしっかりしていて、これからの活動がとても楽しみである。

 

次に登場したのは、今年6月にデビューしたばかりの一番の期待の新人ガールズグループ・Sistar(シスター)。

左から ソユ、ボラ、ヒョリン、ダソム

Sister

韓国で抜群の歌唱力とその可愛らしいビジュアルで、一躍人気ガールズグループの仲間入りを果たした。今回が日本初ステージであり、最も注目される4人組である。ま満面の笑顔で登場し「アニョハセヨ!シスターイムニダ!」と元気に挨拶した。

小さな顔にすらりとしたスタイルで、可愛らしさとクールなイメージと色々な可能性を秘めている印象だ。

 

Q.コンサートへの意気込みは?

「私たちは初めてチャリティー公演のステージにあがることになりましたが、とても意義深いことだと思っています。参加することができて嬉しく思います。

ステージに上がったら、自分たち自身もやりがいを感じながら、みなさんに楽しい時間を感じていただけるように頑張って公演をつとめたいと思います。頑張ります。」(リーダー・ヒョリョン)

 

Q.日本の印象は?

「子供の頃からとても日本に来たいと思っていました。日本は街がとてもきれいで、食べ物も美味しいです。そして日本の方たちはとても親切です。以前、母と旅行をしていた時に日本の方に会ったことがありましたが、その方もとても親切でマナーが良くて。私たちはずっと前から日本に行きたいねと言っていたので、今回お招きいただいてとても嬉しく思っています。」(ダソム)

「日本に来たのは初めてですが、どこを見ても清潔できれいで、初めてなのに親近感が感じられて、とてもリラックスできます。」(ボラ)

以前プライベートで来たことがあるのですが、行く先々でいろいろな日本の姿が見られるのがいいなと思います。何よりも日本の方々がとても親切で、素敵だなと思います。」(ソユ)

Sister Sister

Q.韓国でも今ガールズグループが盛り上がっていますが、日本でも今大変人気があります。自分たちのグループのアピールポイントは?

(日本での韓国のガールズグループ人気をよく知っているようで、4人同時に「あ~…」と深くうなづく姿に記者たちからも思わず笑いが。)

おっしゃった通りにガールズグループが本当にたくさんありますが、他のグループとどこが違うというのも、やっぱり私たちSisterならではの色を皆さんにお見せすることが大切かなと思います。

私たちは常にステージに上がったら、自分たち自身も舞台の上で楽しく遊ぶというスタイルで歌やダンスを披露
する、そして常にノリよく動きまわっていつも明るい姿をお見せする。そういうところが自分たちの特徴かなと思います。」(ヒョリョン)

 

最後に登場したのは、遂に初来日を果たした2AM。

左から  チョン・ジンウン、 チョ・グォンイム・スロン、イ・チャンミン

2AM

今や韓国で絶大な人気を誇り、日本でも多くのファンがその来日を熱望していたカリスマ的な魅力をもつボーカルグループ。 記者からも大きな拍手で迎えられた。 元気な笑顔で登場し、流暢な日本語で「初めまして!僕たちは2AMです。よろしくお願いします!」と挨拶した。

 

Q.今回の公演への意気込みについて ?

僕たちは、日本へは初めて来ましたが、先日の札幌公演はとても楽しく終えることができましたので、今日の東京公演もとても期待しています。先ほどもリハーサルをしながら、興奮する気持ちを隠しきれませんでした。早くファンの皆さんに会いたいですし、会いにきてくださった皆さんには僕たちのライブの実力を、そして歌声を聞いていただきたいです。」(リーダー・グォン)

 

Q.日本での活動も期待される2AMですが、日本デビューの予定は?

具体的に決まっている活動はありませんが、今回自分たちが直接日本を訪れてみて、とてもいい印象を受けました。皆さんがとても温かく歓迎してくださって、とても嬉しく思っています。自分たちも機会があれば日本でもどんどん活動していきたいと思っています。」(チャンミン)と、ファンには嬉しい発言も飛び出した。

 

Q.会見前日にリーダーのチョ・グォンさんがTwitterでメンバーとの楽しそうな写真を上げていましたが、具体的にどんなことをされていましたか?

「日本に来るのが初めてだったので、とてもわくわくしていました。短い時間でしたが、できるだけ多くのものを見たいなとあちこち歩きまわったり、ショッピングをしたりしました。本当に日本人の方々は親切で、本当に良い国だなとあらためて気付きました!」(グォン)と嬉しそうにこたえた。

2AM 2AM

 

Q.彼らのプロデューサーであるパク・ジニョン氏からは初来日に際し、何かアドバイスは?また、アメリカ公演などとの違いは?

日本の皆さんは礼儀正しいと聞いていたので、静かに迎えてくれるのかなと思っていたら、想像以上に空港で大歓迎してくださったので、とても気分がよかったです。

パク・チニョンさんからは『日本は文化はもちろん全体的に学ぶべきところが多いから、たくさんのことを見ておいで』というアドバイスをくださったので、僕たちもできるだけたくさんのことを学んで帰りたいと思っています。」(スロン)

 

Q.日本ファンのために特別に準備してきたことは?

「楽しい姿をみていただけるように、素敵な歌を聴いていただけるように、頑張って準備をしてきました。また、アカペラの練習もしてきましたし、チョ・グォンさんはおもしろいダンスを準備しているので(笑)、楽しみにしていてください!」(ジンウン)

3グループ共今後のK-POPを引率し日本での活躍を確信する会見の場となった。

2010.09.24

blank