2ヶ月に及ぶ全国ツアーファイナル!リュ・シウォンLive tour2010「Fun★Fan」

リュ・シウォンLive tour2010「Fun★Fan」

7月1日東京・国立代々木競技場 第一体育館で、、5月10日のよこすか芸術劇場を皮切りに2ヶ月間に及んだリュ・シウォンLive tour2010「Fun★Fan」の全国ツアー最終日とあって早くからたくさんのファンが押し寄せた。
 
午後4時30分を回り、オープニングの音楽が流れると シンボルカラーのオレンジのペンライトが会場一杯に揺れ、客席から大きな歓声が沸き上がった。中央の花道から、リズミカルな音楽で颯爽と踊りながらリュ・シウォンが登場すると割れんばかりの歓声が響き渡った。前日30日と今日は、ファンに楽しんでもらいたいという、リュ・シウォンの思いから今までの内容と一部変えての演出らしい。コンサート 1曲目は、 最新アルバム『麗~ULALA~』の収録曲『Call my name!! 』 、ダンサーを従え切れの良いリズムにノリ、ステージは一気に盛り上がりを見せた。「LIMIT」、「愛の苑」と続き、場内はスタンディングとノリノリ状態に。
 
リュ・シウォンはファンに向け 「皆さんこんにちは!お元気ですか?今日の公演を迎えられて本当に嬉しいです。」と流暢な日本語で挨拶した。「今まで約2ヶ月間の公演を終えて、僕は漢(おとこの中のおとこ)になって帰ってきました。(笑)みなさん漢の僕を見て下さい!」と笑みファンを魅了した。そして、「“麗(うらら)”と言う言葉は、韓国では“面白可笑しく”という意味があるんですよ。」と、新しいアルバムのエピソードも公開しながら「今回のアルバムが皆さんに愛されてとても嬉しいです。」と感謝の思いを伝えた。
 
ファンの為に、懐かしのカバー曲「なごり雪」「運命の愛」を披露。ギターとフルートにのせてアリーナ中央に設置された円形舞台から、ファンに語りかけるようにしっとりと歌いあげ会場は聞き入った。第2部は、雰囲気を変え舞台にオーケストラを迎えてのステージに。弦楽器の調べは、一気に癒しの世界に連れて行く。
 
今回、ファイナルツアーの前日の30日に親友でもあり弟分でもある、パク・ヨンハの訃報を知った。前日は突然の訃報にショックを隠しきれず涙をこらえることができなかったという。
「最終日なので、皆さんと思いっきり楽しく過ごしたいと思い準備してきました。本当に申し訳ないが、自分が表面だけ笑顔を作ることができない」と今の素直な気持ちを伝えた。
「お互いに忙しく、会えない日が続き、自分が何もしてあげられなかったことが本当にくやしく胸が痛い」と無念な心情を吐き出すように吐露した。
 
「わたしにはできることが何もないが、彼が天国でおだやかに過ごしてほしいと思うだけ。弟を思いながら、彼に届くように歌いたい」と語り、韓国語のメドレー「ウェ…ウェ…(何故,何故?)」等を披露した。
歌の日本語訳も表示され、歌の意味も理解でき、今のシウォンの思いと共にファンも涙した。
「彼とは、6年前同じ韓流スターとして一緒にスタートした仲間でした。最近はお互いが時間的に忙しく、あまり話をきいてやれなかったのが悔やまれます。」「以前、彼が次のレースには応援に行くよと話していました。とても楽しそうに言っていたのに・・・。」と涙ながらに語った。
 
「公演が始まる10分前に韓国の芸能人の友達からメールが届きました。“今から出棺するよ。君は今、日本だけど、彼の為に公演を成功させてきな。”と。」「最後の楽しいコンサートにしたかったのに、こんな話をしてしまってつらいです。」「皆さんも心の中で彼が天国で良い所に行ける様にお祈りして下さい。」と自身が作詞した、最新アルバムに収録曲されている「クレヤマンハニ…(戻れるのなら…)」を弟ヨンハに捧げ、涙をこらえきれず声をつまらせた。「昨日あまりにも泣いて、今日は皆さんに涙を見せないで楽しいことをしたいと思ったが、感情がこみ上げてきて、しっかりと歌えなかった、申し訳ありません」と真摯な姿で謝罪するリュ・シウォンのその愛情にファンも泣いた。そして「ヨンハさんは本当にいい人。天国できっと幸せになってくれると思う」と親友の突然の死での無念な思いを、幾度も自身に言い聞かせるようにも見えた。
 
その思いを吹っ切るかのように、レーシングを題材にした「Beginning」で、映像と疾走感溢れるメロディへと移っていった。

 

第3部は今回の一番の見せ所、リュ・シウォンとダンサーが一丸となりノリのいいダンスステージを披露した。アップテンポの音楽とリュ・シウォンのダンスで会場は一気に最高潮に!「かっこいい!」「ガンバって!」とたくさんの応援コールが会場をこだました。
 
流れ落ちる汗を何度もぬぐい息を切らしながら 「僕は、ずっと自分はバラード歌手だと言っているんですが、これはなんですか?(笑)」 「一緒にこうやって(踊る素振りを見せ)年とともに普通はダンスの量が減るのにどんどん増えて行きますよ。(笑)」と笑いを誘いながらも、「でも、みなさんが喜んでくれるのなら暫くは続けますよ。」と、ファン思いのリュ・シウォンらしく40歳まではみんなのためにがんばると宣言した。そのファンとのやり取りはまるで家族が話しているような温かさを感じる。
 
そして、今回アルバム でシャ乱Qの大ヒット曲「シングルベッド」 をカバーしたエピソードを披露し、お世話になったという”つんく”が会場に駆けつけ、ファンに挨拶すると歓声と拍手が沸き起こった。リュ・シウォンが日本語で一番好きな言葉は「ありがとう」だという、その「ありがとう」をファンに心を込めてしっとりと歌いあげた。

リュ・シウォンLive tour2010「Fun★Fan」 リュ・シウォンLive tour2010「Fun★Fan」

アンコールでは、花びらが舞う中での「桜」、そしてアルバムのタイトル曲になっている「麗〜ULALA〜」を噴水に濡れながらも熱唱する、リュ・シウォンに惜しみない拍手と歓声は鳴り止まず、合計17曲、4時間以上に及ぶコンサートは幕を閉じた。最後に,出演者一人ひとりに「ご苦労様」と感謝の言葉をかけるリュ・シウォン。彼の人情味溢れる人柄を感じる一幕だ。そして公演中何度もファンに「ありがとう!ありがとう!」と叫ぶ彼の姿がとても印象的だった。
 
今回のツアー公演後暫くは、韓国での活動になるという。本ツアーは、全国8都市18公演を開催。延べ7万人を動員した。リュ・シウォンは2日朝、故パク・ヨンハを見送るために予定を急遽変更し緊急帰国した。
 
ツアーライブ2010のテーマとなった7thアルバム「麗〜ULALA〜」初回限定版(DVD付き)と通常版ともに現在発売中。タイトル曲「麗〜ULALA〜」、つんく書き下ろし楽曲「愛の苑」を収録!

2010.07.03

blank