キム・ナムギル&ハン・ガインSBSドラマ『赤と黒』制作発表会!

 

19日午後、ソウル木洞SBS本社でキム・ナムギル ハン・ガイン主演SBSドラマ『赤と黒』の制作発表会が開かれた。

今年に入りSBS平日ドラマは、週末ドラマに比べて低調な視聴率に苦しんで不振を余儀なくされている。

赤と黒制作発表会

今年のはじめ野心満々にスタートしたパク・ヨンウ-ハン・ヘジン主演『済衆院』を始め、チャン・ソヒの『産婦人科』、チェリムの『オー!マイ レディー』、キム・ソヨンの『検事プリンセス』など、SBS月火ドラマや水木ドラマの大部分が、競争会社のドラマに圧倒された。反面『あなた、笑って』『1000万回愛している』『隣の家の敵』などの週末ドラマは、20~30%台の高い視聴率を記録して視聴者の大きな愛を受けた。

このような状況でキム・ナムギル、ハン・ガイン主演『赤と黒(原題:悪い男)』が、激しい編成戦争の末に『私は伝説だ』を抜いてリリーフ投手として登場した。

SBSも『サンドゥ、学校へ行こう』『ごめん、愛してる』等で洗練された映像美で認められたイ・ヒョンミン監督の新作『赤と黒』が、新しい転機になるものと期待されている。

演出を引き受けたイ・ヒョンミンPDは、19日午後、ソウル木洞SBS本社で開かれた『赤と黒』制作発表会に出席して、「昨年の冬から撮影を始めた。

赤と黒制作発表会

ドラマは冷たい復讐、熱い野望、致命的な愛の物語りが全て含まれている。今までとは違う物語りを作っていく」と明らかにした。 キム・ナムギル、ハン・ガイン主演『赤と黒』は、野望と欲望の境界に立った4人の男女の致命的な愛を描いた作品。

前作で洗練された映像美とともに、最高のカップルを誕生させたイ・ヒョンミン監督が、今回の作品でもやはり映画のような映像と共に、キム・ナムギルとハン・ガインを最高のカップルに誕生させることができるか期待が高まっている。

『赤と黒』はSBS水木ドラマ『検事プリンセス』の後続で、26日に初回放送をスタートした。

赤と黒 赤と黒

2010.06.01

blank