“16歳の新メンバー”ウンビン(CLC)、デビュー初ステージを終え感激の涙

“16歳の新メンバー”ウンビン(CLC)、デビュー初ステージを終え感激の涙

韓国ガールズグループ「CLC」の末っ子クォン・ウンビン(16)が涙を堪え切れなかった。

クォン・ウンビンは1日午後に放送されたMBC MUSIC「SHOW CHAMPION」の放送直後、ステージから降りると、感激の涙を流した。

クォン・ウンビンが熱い涙を見せた理由は「SHOW CHAMPION」が彼女にとって、公式的な番組初ステージだったからだ。特に、Mnetのオーディション番組「プロデュース101」出身で、「CLC」の活動を先送りにしなければならず、この日の初舞台の感激はより一層大きいものとなった。

クォン・ウンビンは同日夜、「CLC」公式ファンクラブに掲載した手紙を通じて、初ステージの感想を伝えた。「ついにきょう(1日)、デビューステージに立った」とし、「ステージを見て、ついにあそこに立てるということがとても感激で幸せだった」と述べた。

続けて「私の声が入った歌に、照明も当てられて本当に幸せだった」としながら「時間がはやく過ぎた。2曲を終えてステージから降りると、ファンの歓声と応援が聞こえ、力も出て感動の涙もぽろぽろと…」と綴った。

また、クォン・ウンビンは「一人ではなく7人一緒だから楽しく心強かった。今後、ずっとステージに立てることが本当に幸せだ。一生懸命なウンビンになる」と意気込んだ。

一方、「CLC」は5月30日、4thミニアルバム「NU.CLEAR」を発売し、タイトル曲「No Oh Oh」で活動中だ。

WOW!korea提供

2016.06.02

blank