B1A4ジニョン、ソン・ジュンギに継ぐ魔性の花の士になるか!

201605281126779883_57490242b7d85

人気アイドルグループB1A4ジニョンは、俳優ソン・ジュンギに引き継いで魔性の花の士を誕生させるか。
色白の顔も細い物腰も、「トキメキ☆成均館スキャンダル」のク・ヨンハ(ソン・ジュンギ)を思い浮かばせる。模範的なビジュアルとロマンチックな微笑みで、そのごとく女心を魅了しているジニョンだ。人気アイドルグループB1A4のメンバーであり、演技者としても活動しているジニョンがKBS 2TVの新月火ドラマ「雲が描いた月明かり」に出演して再度「花のような士」の熱風を予告している。

俳優パク・ボゴムとキム・ユジョンのキャスティングで早くから話題を集めたこの作品は、朝鮮時代の若者の成長ストーリーを描く予定だ。ドラマでジニョンは、キム・ユジョンを間に置いてパク・ボゴムと三角ロマンスを描くようになるキム・ユソンのキャラクターを演じるようになった。初めてチャレンジする時代劇、それもいわゆる「魔性の花のような士」のキャラクターを獲得したジニョンだ。ジニョンが持つすっきりとして優しいイメージのせいでいっそう期待されているという。

「彼に夢中になる入口はあっても、出口はない」といわれる魔性の花の士ユソン。最高の名門家の息子で、品格と余裕を全て兼ね備えた人物だ。製作サイドが明らかにしたキム・ユソンのキャラクターは、まさにこんな人物だ。「魔性の花の士」という説明自体が、2010年放送されたドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のク・ヨンハを思い浮かばせるようなキャラクターだ。

201605281126779883_57490243bf9c7

白い肌と女性よりもっと美しいビジュアルと微笑みを備えた1代目の花の士であるソン・ジュンギは、 「トキメキ☆成均館スキャンダル」は、ク・ヨンハ役でスターに浮上した。しっかりと演技の経歴を積みながら強固な実力を作り上げて行ったソン・ジュンギだった。「トキメキ☆成均館スキャンダル」は、そんな彼の魅力を2倍に引き上げる重要な役割をし、劇中のユ・アインとのコンビが良かったのはもちろん、ソン・ジュンギという俳優に対する熱い関心を導き出したのだ。

そのため、「雲が描いた月明かり」のジニョンの活躍がいっそう期待される。ジニョンは映画「怪しい彼女」、ドラマ「七転び八起きク・ヘラ」、「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット」などに出演して持続的に演技活動をして来た。すでに安定した演技を見せてきたたジニョンなので、演技力に対する不安はない。特にジニョンの美少年のビジュアルがこのキャラクターとのシンクロ率を高めてくれるという反応と期待が大きい。ジニョンも白い肌と優等生のようなビジュアル、優しい微笑みまで備えて相当な女性ファンを確保している。特にジニョンの出演が決定された後でソン・ジュンギの「花の士」の系譜を引き継ぐのではないかという期待が高まっている。

パク・ボゴムとキム・ユジョンとの三角ロマンスも期待されている。最近では多くの作品で主人公に劣らず魅力的な準主役の男性主人公に対する人気が高くなっていて、ジニョンのキム・ユソンもこの魅力的な男性の隊列に合流するのではないか。ケーブルチャンネルMnetの「プロデュース 101」でプロデューサーとしてもさらに強固な足場を固めたジニョンは、今回は魔性の花の士を通して俳優ジニョンのタイトルを獲得する番だ。

2016.05.28

blank