女優キム・セア、「モンスター」8話まで出演… MBC側「訴訟とは無関係」

女優キム・セア、「モンスター」8話まで出演… MBC側「訴訟とは無関係」

韓国MBC側は、キム・セア(43)がドラマ「モンスター」でこれ以上の出演分がないとの立場を明かした。キム・セアは劇中、ムン・テグァン(チョン・ウンイン扮)の右腕モ・ギョンシン役で登場していた。

MBC関係者は26日、「キム・セアはMBC月火ドラマ『モンスター』でから降板するわけではない」と伝えた。

同関係者は「本来の出演分が5話から8話までだった」とし、「これは、今回の訴訟とは無関係だ」と強調した。

これを前にあるメディアは、キム・セアが慰謝料請求訴訟を提起されたと報じた。この報道によると、キム・セアはある会計法人の副会長と不適切な関係をもち、婚姻破綻の決定的原因をつくったとの理由で、副会長の妻より訴えられた。

WOW!korea提供

2016.05.26

blank