モデルのハン・ヘジンが暴露 「ギャラ3倍もらっても、共演したくないデザイナーがいる」

モデルのハン・ヘジンが暴露 「ギャラ3倍もらっても、共演したくないデザイナーがいる」

韓国の人気トーク番組「ラジオスター」に出演した女性モデルのハン・ヘジンが、ギャラについて言及した。

ハン・ヘジンは去る25日放送のMBC「黄金漁場−ラジオスター」で、ファッションショーでのモデル料(ギャラ)を問う質問に「海外でスタートする場合はモデル料が高い。検証された人物(認められ人)、という扱いになるから」と回答。

ショーへの出演を拒否するケースもあるのか、と質問が飛ぶと「ある。ショーに出たくなければ、キャスティング(オーディション)に参加しない。そのような場合、必ずデザイナーが交渉する。そうすると、ギャラが倍になる」と明かした。

続けてハン・ヘジンは「どうせやる気がないのだから、もともと100万ウォンのギャラを300ウォンにすると言ってくる。相手モデルが拒否するのを知っていて3倍の額を提示する」と明かした。

この発言を聞いたMC陣が「ありえない」という反応を見せるとハン・ヘジンは「ギャラの問題ではなく、どうしても受諾できない仕事もある。例えば、洋服の完成度や作られた過程で、モデルを大変にさせるケースが多い」とし、「ピンが刺さった状態で着用し、(身体に)刺さったこともある。それは、あまりに配慮がされていない、ということ」と説明した。

WOW!korea提供

2016.05.26

blank