「控室襲撃インタビュー①」CNBLUEミンヒョクからTEENTOPL.Joeまで、「ヒーリングボイス」タンタラバンド!

201605231458773631_5742a27e1ea8e

もしかして、タンタラバンドをご存じですか?見るだけで目の保養になるイケメンのマスクと耳を浄化してくれる音楽で、このごろ盛んに株価をあげている4人組みの新人バンドだという。ボーカルのチョ・ハヌル、ギターのカイル、ベースのナ・ヨンス、ドラムのソ・ジェフンは、それぞれ少し特別な事情があるが、音楽に対する情熱だけは誰にも劣らない。「ヒーリングボイス」タンタラバンドの話をちょっと聞いて見ませんか?

SBSの水木ドラマ「タンタラ」は、崖っぷちで出会ったマネージャーのシン・ソクホ(チソン)と新米バンドのタンタラの成功ストーリーで、タンタラバンドはソクホとグリン(ヘリ)の努力で無事にデビューしてイベントまでこなして知名度をあげている。
過去、数多くの危機と挫折を耐えた彼らに視聴者も、「これからは花道だけを歩いてほしい」という応援を送っている。そこで18日に京畿道一山(キョンギド・イルサン)炭峴(タニョン)で撮影中のタンタラバンドの控室を訪ねて見た。

タンタラバンドの4人が、共同で使うこの控室は、19日に放送された「タンタラ」の第10話の最後に登場した事がある。4人の俳優は、ここでメーキャップやシナリオの研究をするなどいっしょに集まって雑談をしたりする。
ドラマとは反対に、実際にバンドではいちばん年長のであるミンヒョク(CNBLUE)を中心にした4人は、20代の血気盛んな青年らしく終始悪戯をしながらエネルギーに満ちあふれる様子を見せた。これが、余裕のない撮影スケジュールにもかかわらず元気いっぱいに笑うことができる理由だ。それならこの4人の俳優は、それぞれどんな方式でキャラクターに接近して演技をしているのか。

201605231458773631_5742a27f56f05

CNBLUEミンヒョク : チョ・ハヌル
ミンヒョクが演じているチョ・ハヌルは、音楽を何より愛するが、セクハラの濡れ衣と事故で両親を失うという苦しい環境のために仕方なく夢をあきらめなければならなかった。しかし、自身の歌に魅了されて信じてくれるシン・ソクホに会って、再び夢に向かって前進するようになった。

ミンヒョクは、「ハヌルは、元々明るくて善良な人物ですが、濡れ衣を着せられてすべてを失ってあきらめようとしていました。そんな中でソクホに会って、活気に満ちた20代の姿を取り戻しながら、困難を乗り越えようとする様子を見せるのに重点を置きました。幼い頃両親を失い、また濡れ衣を着せられて生きて行くのがどれほど大変だったかという、そんな部分を最大限表現しようと思いました」と説明した。

続いてミンヒョクは、「また、誰か自分を支えてくれる人がいて、その人に心を開いた時、どんな困難も乗り越えることができる力が生まれてくるということを伝えたかったです」と演技について気を使った部分を語ってくれた。

201605231458773631_5742aae91bd3a

イ・テソン : ナ・ヨンス
5歳の息子であるチャンヒを連れてさっそうと善良に生きて行くシングルパパであるナ・ヨンスは、三流ルームサロンでギター演奏をしながら生活していたが、シン・ソクホが導くタンタラバンドに合流するようになった。彼が時に語る慰労は、ソクホとタンタラバンドにとって大きな力になったりする。
「タンタラ」を通してデビューするようになった「完全」な新人であるイ・テソンは、「シングルパパという部分に共感してもらうのが課題でした。チャンヒと本当の父と子のように見てもらえるかどうかという部分に重点を置いて演技をしました。実際に仲が良くて、父と子のように生活をすればこそ視聴者にもそう見えるだろうと思って普段でもそうしようと努力して研究をたくさんしています。もちろんまだまだ難しいです」と言った。

続いて彼は、「甥がいるんですが、行って遊んであげたりします。でも、子供たちと遊ぶのが本当に大変でした。子供を持つということ自体もすごく荷が重いです。お母さんが簡単に抱き上げていたので軽いと思っていたら、たった3分だけ抱いていても腕がちぎれそうでした」とさわやかに笑った。

201605231458773631_5742a280afeaa

TEENTOP L.Joe : ソ・ジェフン
人気アイドルグループTEENTOPのメンバーであるL.Joeは、「タンタラ」」で初めでドラムをたたくことになった。彼が演じるソ・ジェフンは、ソウル大生で5歳の時から母親の保護のもとに作られた優等生として暮してきた。そして願書に趣味がドラム演奏だと書くためにドラムを学んで、結局バンドまでするようになったのだ。絶対に越えることができない山のようだった母親を結局説得してタンタラバンドのメンバーとして完全に合流するようになったジェフンは、想像を越えるような無茶な発言と行動で笑いをプレゼントしている。

L.Joeは、「ジェフンは鈍感でキュートなタイプで、僕の普段の姿とは違います。僕は、キュートな性格ではないです。また、もの静かで人見知りが激しい方です。ジェフンが中間で合流するようになったので、他の3人とは違うキャラクターを見せなければならないのですが、その部分に対してずいぶん考えたし、一生懸命にしています」と言った。
続いてL.Joeは、「キャラクターのために脚本家とたくさん話しましたが、僕が育った環境とよく似せて文を書いてくれました。口ぶりや性格、そして両親が歌手になることを反対したことまで」と言いながら、「先輩が、たくさん助言してくださいました。それで思ったより簡単にキャラクターに接近することができたようです」と、ありがたい思いを伝えた。そう言っても自身の演技がとても気になるのか、「時には、TVを消してしまいたい時もあります」と言って笑わせた。

201605231458773631_5742a2820814c

コンミョン : カイル
ジュリアードでギターを専攻したカイルにも、他人には分からない痛みがある。ジュリアードでいつも友達と比較されたからだ。このために逃げるように韓国に帰って来たカイルは、他のバンドの助っ人ギタリストとして働きながら生活をしていた中でソクホに出会った。生活費でも儲けようと夜には代理運転までしながらも、プライドが高くてこれを秘密にしたりした。いつも文句を言うタイプだが、それもカイルの魅力のひとつだ。

コンミョンは、「カイルはジュリアード出身で少しライドが高くて、またよく文句も言うがキュートさが見えるキャラクターです。初めは僕と性格が違ってちょっと大変だったし難しかったです。キャラクター的な部分が大変でしたが、撮影をしながら先輩たちとシーンを作って行くのが面白くて、僕のキャラクターの状況にあわせて真実味を持って演技をしようと思うようになりました」と伝えた。

またコンミョンは、「カイルのエピソードが、第7話と8話に出ましたが、カイルに関してたくさん理解できるようになって僕もドラマにすっかりはまって演技をするようになりました。シナリオを見る度に、カイルだったらどうだろうかと悩みながら、どのように感じて、どのように暮すのかと思いながら演技するのですが、にぎやかなカイルを表現しやすいようにみんなが雰囲気を上手くリードしてくださるのでいっそう上手く演じることができるようです」と説明した。(インタビュー②に続く

2016.05.24

blank