俳優チャン・グンソク、"30代のスタート。頼もしいリーダーになりたい"「テバク」

0

俳優チャン・グンソクが、タイトルロールとしての覚悟を明らかにした。
チャン・グンソクは、20日午後2時から京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)にあるSBS炭峴(タニョン)製作センターで開催されたSBSの月火ドラマ「テバク」の記者懇談会で、「現場で突然させられたらびっくりしたでしょう。でも、第2話までのシナリオをもらっていたので、どんなことでもするという自信がありました。それほどテギルというキャラクターに欲がありました」と告白した。

彼は、「現場では、すべてを忘れてできるようになっていました。今年が30代の最初のスタートです。この作品では頼もしいリーダーになりたかったです。現場でも頼もしく撮影するほうがいいだろうと思いました」と演技への情熱を見せた。
「テバク」は、王の忘れさられた息子テギルと彼の弟ヨニングン(後の英祖)が命と王座、愛をかけて一本勝負をするというドラマで、チャン・グンソク、ヨ・ジング、チェ・ミンス、チョングァンリョル、イム・ジヨン、ユン・ジンソなどが出演する。毎週月火曜日の午後10時から放送。

2016.05.20

blank